(閉店)硬派系魚介豚骨 麺屋じゅん(石川県金沢市田上)

硬派なラーメン専門店

じゅんは金沢市田上にあるラーメン専門店です。餃子やチャーハンなどのサイドメニューは一切ありません。 平日は昼と夜、休日は昼のみの営業でスープが無くなり次第終了で、前を通ってみて営業していたらラッキーぐらいの開店率です。

店構え。長い玄関

長めの玄関の奥の戸を開くと右に券売機があります。券を買う前に店員さんが人数を聞いてくるのが新鮮です。水もセルフサービスです。 テーブル席もありますが、混雑時は3名以上でないと使用できません。

強気な注意書きと店長の鋭い眼光が初めてのお客さんを緊張させます。給仕速度もラーメン屋にしてはかなり長め。流れ作業はせず、一杯一杯こだわりながら作られます。

ラーメン680円

ようやく待ってテーブルに置かれたラーメンからは強い魚介系の香り。褐色の油多めの濃いめスープの上には刻み青梗菜と薄切りメンマ、そして一枚のりの少量のトッピングのみ。主役の麺の存在感を引き立てます。

スープを飲むと、くどめの醤油と豚骨のまろやかさが口に広がります。麺は固めの太ストレート。まさに硬派なこの店を象徴するかの様です。非常に弾力があり、噛めば噛むほどほのかな甘みが感じれられます。

それほど主張していないトッピングですが、それぞれ絶妙な役割を果たします。一見固めのチャーシューは、実は脂身部分はとろとろでメリハリのある仕上がり。のりも香りが強く、スープに溶かすと風味の変化を楽しめます。食べ進めるうちに刻みネギにも気づくでしょう。そう、この刻みネギは麺より下に沈めてあるのです。麺本来の味を損なわず、途中から浮き上がってきてアクセントを奏でます。

休みの日は昼のみ。スープ無くなり次第終了

いわゆる家系ラーメンは金沢でも随分普及してきました。このお店はその金沢家系の代表店である一心屋の系統だそうです。

この田上から杜の里鈴見のまんぷく通りは他にもらぁめん秀らーめん山本そして鉄版の8番ラーメンなどレベルの高いラーメン店が立ち並びます。その中でも特に独特の個性のあるのがこの麺屋じゅんです。

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
給仕速度
☆☆☆
スープ ☆☆☆
トッピング ☆☆
価格満足度 ☆☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > (閉店)硬派系魚介豚骨 麺屋じゅん(石川県金沢市田上)