金石街道の行列店 一心屋(石川県金沢市北町)

金沢市の金石街道を昼時に海の方向に走るといつも行列ができているラーメン店があります。店の名前は一心屋。2003年創業の独立系のラーメンですが、成功し今ではお弟子さん達がそれぞれのお店を開いています。まんぷく通りの麺やじゅんの店主もこの店で修行していた様です。それらのルーツがこの店です。

古い町並み系の外観

入ると珍しい丸太製の待ち合い席に行列がついています。隅には券売機があり先に食券を買うことになります。2013年時点での角メニューは鰹メガマックスラーメン700円。食券の「メガ」の二文字に豪快な印象を与えられます。

鰹メガマックスラーメン

厚切りの大きめこがしチャーシューがまず目を惹きます。付け合わせは輪切りネギにこの地方では珍しい鳴門かまぼことこれまた珍しいさやえんどう。そして店の壁にも飾られている駒屋の海苔。流されないオリジナリティと創意工夫が感じられます。

麺は太めのストレートでコシは強め。薄く芯のあるアルデンテはとても食べごたえがあります。スープは魚介豚骨で、そのメガの名の通り細かく加工された鰹節がふんだんに使われているのがわかります。おかかを彷彿させるくらいのその鰹の量はライスとも相性がよさそうです。ほのかに甘めのスープにほろ苦いさやえんどうがよいアクセントです。

店主は独学で今のラーメンを開発されたようで、ホームページにはそのご苦労が書かれています。それだけに既存の形に縛られないこれからの日々の進化に期待させられます。

評価 三段階
非混雑度
☆☆☆
スープ ☆☆
トッピング ☆☆
価格満足度 ☆☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > 金石街道の行列店 一心屋(石川県金沢市北町)