ここはタイフードセンター ジャークジャイ(石川県金沢市松村)

金沢市を走る県道17号は通称金石街道と呼ばれ江戸時代から続く重要な道です。その沿道には古くからの飲食店が立ち並びかつてのにぎわいが感じさせられます。そんな中、とても異色なピンクの鮮烈な看板があります。

ピンクのポップな看板

一瞬、怪しげなアイテムショップかと思わせられるその外見には見慣れない文字が並んでいます。そう、ここはタイ料理のお店なのです。

タイの本場グッズがちりばめられた店内は見ていても楽しい

タイ食堂 ジャークジャイの店内はタイの製品が壁に所狭しと並べられ、見ていても飽きさせません。音楽はもちろんT(タイ)POP。店員さんもタイの方でまるで旅行に来たような錯覚に陥らせてくれます。

ランチメニュー(クリックで拡大)

ディナータイムとランチタイムで別々のメニューがあり、ランチタイムは1000円未満でボリュームのある本格タイ料理を楽しむ事が出来ます。メニューは6種類あり、日によらず好きな料理を選べます。

オススメは1番のガバオと3番のバンコクチキンライス。どちらもスープとサラダがつきます。

ガバオ(鶏ひき肉の辛口ガバオのせ炊き込み御飯)

蒸し鶏のせ炊き込み御飯(バンコクチキンライス)

どちらもタイ料理独特の香辛料や香草が使われており、本格的な風味を感じさせながらも日本人向けにアレンジされておりいい意味で誰でも口に合う味です。料理されているご主人は日本人の方なのもその一因でしょう。

テーブルに置かれたタイの定番調味料セット

テーブルにはタイの定番調味料セット、クルワンプルーンが置かれています。タイの屋台や食堂には必ず置かれているそうです。ナムターン(砂糖)、ナムソム(お酢)、プリックポン(唐辛子)、ナムプラー(魚醤)の4つ。それぞれ説明書きがあるので色々試してしてみましょう。

夜は居酒屋系メニュー

夜のメニューです。こちらは居酒屋系でお酒があいそうです。

箸置きもタイ。この色使いは・・・

タイフードセンター ジャークジャイ。なにがセンターなのかよくわからないかもしれませんが、思えば石川富山はxxセンターがやたらに多いのでその風土なのかもしれません。

お手軽にタイ料理を楽しみたい時は是非どうぞ。

項目 三段階
異国感 ☆☆☆
調味料 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > ここはタイフードセンター ジャークジャイ(石川県金沢市松村)