車で行ける山頂展望台 風の城と猿倉城跡(富山県富山市舟倉字西山割寺内)

前衛的なデザインの風の城

富山市にある風の城は、標高345.2mの猿倉山の上に建つ展望施設です。山の上の展望台ですが登山装備が必要なレベルではなく、直下までは車でアクセスができますので、普段着でのぼることができます。富山市内から国道41号線を走ると神通川を渡る手前に案内看板がありますのでそれに従い左折します。県道だと65号線に少し入る形になります。

麓より

山の上にそびえ立つ風の城は遠くからでも確認できます。道は細く案内看板が点在しているので見落さないようにたどりましょう。

スキー場内を上っていく。自動車可能

やがて道路は、かつての猿倉山スキー場の中を走ります。ゲレンデをのぼる道がありますので、そこを進みます。やがて道路は終端になり駐車場にたどり着きます。

頂上前駐車場の喫茶店

駐車場の横には喫茶店もあり営業しているので帰りに立ち寄ってもよいでしょう。店内からの展望も楽しめます。

ここからは徒歩で

ここからは徒歩で上ります。急な階段が続きその先は見えません。車でアクセス可能な展望台とはいえこの階段はなかなかの距離がありますので覚悟しましょう。

急な階段が続く

その段数はなんと約440段。ちょっとした山登りです。途中には休憩場もありますので背後の景色を眺めながらのんびりのぼるとよいでしょう。

頂上より

右手に社が見えると頂上はもうすぐです。北は富山市内、南は神通第2ダムの雄大な眺めが楽しめます。神通第2ダムのあたりには石仏の森もありますのでついでにに立ち寄っても良さそうです。

風の城

風の城は展望台であるとともに風力発電施設でもあります。発電施設といっても周囲のライトアップをまかなう程度とのことです。その前衛的なデザインは他に類をみず、一見の価値があります。

かつての猿倉城

ここはかつての猿倉城の跡でもあります。後述の参考リンク先に詳しく書かれているので歴史に興味があれば読んでから行くとまた違った見方もでき楽しみが広がります。

展望台へ

展望台へは横の階段から上ります。総金属製の造りはテレビ塔を思い出します。

中央には制御室

中央はガラスばりになっており、中には制御室がありここが発電施設である事を実感できます。周囲の回廊からは360度のパノラマが楽しめる事でしょう。

展望台より

風の城は夜景スポットとしても人気の場所です。昼・夕暮れ・夜と時間をかえて訪れるのもおすすめです。

参考

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない北陸パワースポットガイド > 車で行ける山頂展望台 風の城と猿倉城跡(富山県富山市舟倉字西山割寺内)