金沢ニュー味噌ラーメン系の双璧 大河(石川県金沢市堀川)

味噌を全面にフィーチャーした店構え

大河と書いておおかわと読むこの店は金沢駅東の近くの堀川にあります。少々アクセスしにくいですが横には駐車場もあり車でも大丈夫です。人気の店で駐車は縦列で前のお客さんが出る時は入れ替えをお願いされるくらいです。

最初に出てくるサービスの野菜ジュース

カウンターのみの席に座ってオーダーすると野菜ジュースが出てきて初めての人は戸惑います。説明書きによりますと炭水化物を急にとると血糖値が上昇するため、まずは野菜ジュースを出して血糖値の上昇を緩やかにし脂肪の吸収を抑えるのだそうです。店主の細やかな気配りを感じられます。ラーメンの一口目もこの野菜ジュースによって味が際立ちます。

メニューはなんと味噌のみ。一応は赤味噌と黒味噌もバリエーションとしてありますが、醤油や塩などはありません。初めての方はまず右端の味噌ラーメン680円をオーダーするとよいでしょう。

味噌ラーメン680円

給仕された丼の中央にはおろし生姜がそびえ立っておりその淵には刻んだゆずが。そう、この二つの薬味がここ大河の味噌の特徴です。バリエーションを楽しむ為にまずはこれらをスープにつけない様に慎重に麺を掘り出しましょう。

麺は黄色みがかった極太ちぢれ麺。そしてスープは麺に負けないこってり系味噌。おそらくベースは豚骨系でしょう。口あたりがとてもまろやかでコクがあります。味噌独特の苦みは全くなくさわやかな塩味と大豆の風味が口に広がります。腰の強い麺は食べごたえ十分です。

しばらく初見を楽しんだ跡は生姜とゆずを混ぜて2段階目を楽しみましょう。特にゆずと味噌との相性は抜群で食がとてもすすみます。チャーシューはハード系の歯ごたえのある厚み肉。ラーメン全体の量はそれほどではないのですがこのチャーシューと太麺により満足感は高めです。

自家製十味唐辛子

スープを飲み干すにはまだ早いです。後半のしめはテーブルの上の自家製十味唐辛子をブレンドしましょう。十味とあるようにそれほど辛くないので多めにいれても大丈夫です。その複雑な風味はどこかカレーのそれに近い印象を与えられます。この十味と生姜とゆずが混ざり合った極上のスープは最後の一滴まで飲み干せます。

味噌ラーメンは金沢において、かつてはそれほど盛り上がりはありませんでした。近年においては以前紹介した味噌ラーメン秀を初めとして、いわばニュー味噌ラーメンの旋風が巻き起こっています。これからの展開が楽しみです。

メニュー

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
給仕速度 ☆☆
☆☆☆
スープ ☆☆☆
トッピング ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > 金沢ニュー味噌ラーメン系の双璧 大河(石川県金沢市堀川)