なんて読むのかわからない名古屋の油そば系列店 歌志軒(石川県金沢市桜田町)

油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。(Wikipediaより)

スープ無し麺はサブとしてメニューにある店もありますが、それを看板としている金沢では珍しいラーメン店です。

歌志軒

入り口をくぐってすぐに左手後方に食券の自販機がありますので、まずそこで券を購入します。この自販機、入り口の動線から死角になっているので初めての人は大抵見落してしまいます。

さっと自販機の前に立ちスムーズに食券を買えれば、どこからみても常連です。

メニューの左上はベーシックな油そば。630円(2014年現在)で、大盛りも同じ価格です。その上はさらに追加価格で2段階の設定があり、麺が倍の量になります。

油そばといえばトッピングですが、ここ歌志軒においても驚く種類が程あります。20円から選ぶ事が出来ます。

油そばの召し上がり方

テーブルに座るとまず目に付くのが、巨大な赤白のボトル。ワインではありません。ラー油と酢です。

目を引く2つのボトル

テーブルには油そばの召し上がり方が書いてあり、初めての方であれば店員さんが丁寧に食べ方を教えてくれます。

手順としては暖かい麺の周りに、ラー油を大盛りであれば2周、回しかけます。そして酢も同じ回数回しかけて、麺全体を撹拌、底に汁が無くなるまでなじんだら完成です。

麺の量に応じて量は変わりますので、案内を参照してください。

油そば大盛り

太目のぢぢれた麺の表面はその名の通り、まろやかな油で包まれており香りが強い海苔に酢の酸味があいまって食が進みます。お好みで酢を調整したりテーブルの一味唐辛子を加えてもよいでしょう。汁物が欲しい方には、別にスープもあります。

ちなみにこのお店、読み方は「かじけん」です。愛知岐阜の方で展開しているチェーン店なのですが、なぜか山口とここ石川にも出店されています。

金沢では珍しいスタイルの店なので、是非一度お試しください。

項目 三段階
☆☆☆
☆☆☆
トッピングの種類 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

参考リンク

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > なんて読むのかわからない名古屋の油そば系列店 歌志軒(石川県金沢市桜田町)