金沢市の朝風呂と言えばここ ぽかぽか諸江湯(石川県金沢市諸江)

旅館などで寝起きにザブンと入る朝風呂は独特のさっぱり感があり気持ちのいいものです。反面、日帰り温泉や銭湯は大抵は10時か11時からの営業が多いので朝入るという訳にはいきません。

そういった朝風呂ファンの要望に答えてか、一部の温泉銭湯では早朝から営業している所もあります。

ここぽかぽか諸江湯はそんな金沢の朝風呂ファンが集まる朝6時営業の銭湯です。

諸江湯は朝6時から

場所は金沢市諸江の国道8号から少し駅の方に向かった所にあります。年期の入った看板の文字が目印です。朝風呂が特徴ですが夜も25時までやっているので便利です。

裏にはなぜかの休憩ベンチ

駐車場と入り口は裏手にあります。裏手にはなぜか休憩ベンチまで設置されています。風呂上がりに涼むのも一興でしょう。

入り口の鳥の置物

入り口のドアにはYou&ゆグループの文字が。そうここは御経塚のぽかぽか御経塚の湯との系列店です。ちなみに御経塚の方も朝6時から営業しており回数券も共通です。

ジムのようなおしゃれな休憩室

玄関をくぐると、中はフローリング張りのおしゃれな休憩室。外の渋い雰囲気とのギャップが感じられます。入浴料金は420円(2014年現在)。ドライヤーは20円と標準的な銭湯価格です。

浴室は2Fへ

浴室は男女共2Fにあり階段を登ります。浴槽は4つで内訳は深めのジェットと浅めのバイブラ、これらは海洋深層水使用です。加えて薬湯と水風呂があります。

洗い場は固定式シャワーに赤青プッシュ水栓。風呂桶はもちろんケロリンです。シャワーは一部ホース付きの場所も点在しています。ホースは短めですが渋銭初心者はこちらの使用をおすすめします。

奥の壁画はとても独特なので是非、直接ご自分の目で見てみてください。インパクトでは他の追従を許さない前衛的な壁画です。

珍しい外付けサウナ

サウナは珍しい脱射場からアプローチするタイプ。中はテレビや照明もなく狭くて落ち着きます。いたずらで人の名前がたくさん彫り込んであるのも、それはそれで風合いがあってよい雰囲気です。

体重計はもちろんなんと身長計まであり

脱射場の奥には健康器具もあり、軽い運動も楽しめます。体重計の横にはこれまた銭湯には珍しい身長計まであります。お子様の日々の背丈の変化を楽しんでもよいでしょう。

医王水は飲み放題

風呂で汗を流した後は、休憩室の医王水が体に染みます。なんだか効果がありそうです。

ランセン

「ランセン」はランナー向けの変わったサービスです。

このサービスを利用すれば荷物をロッカーで預かってもらえ、すぐに風呂に入る事ができます。

まずフロントでその旨を伝えます。荷物を一旦ロッカーに入れ、ランニングウェアに着替えて出発。帰ってきたらそのまま脱衣所にアクセスできるという訳です。

ジョギングの後はそのまま風呂で汗を流したいもの。便利なサービスなので是非他の温泉銭湯でも導入して欲しいものです。

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
浴槽数 ☆☆
朝風呂 ☆☆☆
ランセン ☆☆☆
価格満足度 ☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 金沢市の朝風呂と言えばここ ぽかぽか諸江湯(石川県金沢市諸江)