演歌の流れる最強掛け流し 浅野川温泉 湯楽(石川県金沢市湯涌)

温泉を評価する時には以下の様な点に着目する事が多いです。

もちろんすべてを満たす湯はそんなに多くありません。今回紹介する湯涌の浅野川温泉 湯楽はそんな完璧な立ち寄り湯の中でも最も評価の高い金沢最高レベルの温泉です。

林に囲まれ景観のよい露天風呂にひかれている源泉は2つ。2号源泉と3号源泉と呼ばれる湯はそれぞれ「戸室の湯」と「医王の湯」にそそがれます。湯温はそれぞれ50度付近で源泉掛け流しです。

医王の湯

霊峰医王山の名を冠した医王の湯は面積が湯楽で最も大きく、景観もよい岩風呂です。塀の向こうの山の木々はライトアップされ、冬場は雪景色が幻想的。湯の華がみられることもあります。Phは8.2と強めのアルカリのナトリウム硫酸塩泉はぬるぬるとして肌がとてもなめらかになります。飲泉用のひしゃくも用意されており、口に含むとほんのり塩味で口当たりはまろやか。まるでお吸い物の様な風味です。

戸室の湯

戸室も医王山付近の地名で医王山の頂上に積まれた戸室石はパワーストーンとしても有名です。そんな戸室の湯に注がれるのは2号源泉、Ph7.8のナトリウムカルシウム硫酸塩泉です。硫黄の湯と比べてやや弱めで湯は固い感じ。こちらも飲泉ができます。ほんのりと硫黄の香りがする湯です。

内風呂は水風呂バイブラ・ジェット・平湯の4槽。無駄の無い構成のそれらも医王の湯と同じ3号源泉が使われています。大黒様の置物が特徴的です。

サウナもあり、脱衣所とはガラスで区切られているタイプです。テレビなしのサウナは好みが分かれますが、温泉同好会としては落ち着いて入れる出来るテレビなしの方を評価します。湯楽ではそのかわり演歌が流れていて味がある雰囲気を楽しめます。ちなみに玄関を入った時も演歌でウェルカムです。まさに湯楽のアイデンティティです。

洗い場もポイントが高いです。理由はシャワー栓の方式。一般的な銭湯は時限式で、一定時間で湯がとまるものが主流ですが、ここ湯楽はコック式。髪を洗っている時でもお湯が勝手に止まることはありません。時限式はどちらかというと経営者都合なのでユーザー本意のコック式は有り難いです。

サウナもついてドライヤーも無料。このすばらしい温泉が入浴料380円をキープしていることは信じがたいことです。

質・量・価格、すべてにおいて金沢最高峰レベルと呼ぶに相応しい湯涌温泉の片隅の温泉です。

ちなみに湯楽に1号源泉が無い理由を聞きました。実は昔は1号源泉だけで運営していたのですが、湯量が減ったので今の2号3号源泉を掘ったのだそうです。そして1号源泉は使われなくなりました。だから2号から始まっているのですね。

評価 三段階
泉質 ☆☆☆
景観 ☆☆☆
浴槽数 ☆☆☆
設備 ☆☆
混雑度
演歌 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

料理の鉄人 神田川俊郎の看板

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 演歌の流れる最強掛け流し 浅野川温泉 湯楽(石川県金沢市湯涌)