各種栄養素の豊富な野菜 ブロッコリー

(c)Wikipedia

ポイント

育苗準備(6/20~30)

種まき20日ほど前、園芸用土か、山赤土とエコ堆肥の等量混合用土に苦土石灰15g/10リットルを混入し調合の上、しめらせておきます。7日ほど前、6号ビニルポットに土をつめ、しめらせておきます。白黒マルチを使うと効果が高いです。種まき(7/5~10)は1鉢に2~3粒まき、覆土の厚さを0.5㎝ほどにし、たっぷりかん水します。

育苗(7/15~8/20)

播種後4~5口で発芽します。発芽時には徒長防止のため芽が土に顔を出しかかったら早めに冷水をかん水します。発芽後は本葉1枚まで毎日朝涼しいうちにたっぷりかん水します。後半はかん水を控えめにして苗の硬化をはかります。本葉1枚までに発芽時から込み合った所を間引き、1~2㎝ほどの株間にします。第2回間引きは本葉2枚時1本にします。植え付け時までに本葉3~4枚の苗に仕上げます。

植え付け準備(8/5-15)

植え付け20日前、苦土石灰120g/平方メートルを施し耕します。7日前、1平方メートル当たり固形30号120g、日の本2号80g、重焼燐20g(または〔N* P・K=15・15・15〕の化成肥料50g、〔8・8・8〕の同160g、骨粉25g)を施し耕します。前日に高さ15㎝、幅70㎝ほどの畝をつくります。根こぶ病対策にネピジン粉剤20~30g/平方メートルを施し混和します。

植え付け(8/20~30)

本葉5~6枚時、株間40㎝程にします。植え付け後オンコル粒剤2g/株を与えるとヨトウムシなどの防除に効果があります。活着まではかん水し初期生育の確保につとめます。白黒マルチの白を表にして使います。

追肥、土寄せ(9/10~10/20)

植え付け後7~10日目、活着次第化成肥料(燐硝安加里604号30g/平方メートル)を条間に施します。マルチの場合は液肥200倍を株もとに与えます。2回目は10月1日頃に同40g/平方メートルを畝肩に与えます。マルチの場合はマルチの下に与えます。追肥時に薄く耕し、中耕のうえ、土寄せします。

収穫(11/1~12/20)

花らいの直径が10㎝を超えた頃、つぼみがまだ固いうちに15㎝程の長さで切り取ります。遅れるとつぼみが開いて質が悪くなったり、腐敗するので、早めに収穫します。収穫後、側花らいが発生するので大きくなったものから順次収穫します。寒さに強いので雪が降るまで収穫できます。

病害虫対策と注意点

ベト病には、ダコニール800倍液またはダイファー600倍液を散布します。 黒腐病は高温多湿期に発生しやすいので、発生前からZボルドーなどの銅剤を定期的に散布して予防します。 アオムシ、ヨトウムシが発生したら、小さい幼虫のうちにDDVP1000倍液、またはエルサン1000倍液を散布し防除します。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 家庭菜園パッド > 各種栄養素の豊富な野菜 ブロッコリー