不屈の生命力 ニラの家庭菜園

(c)Wikipedia

ポイント

種まき・育苗

種をまいて2年間育苗、株養成をし、3年目の春から収穫します。 [1年目] 種まき準備(3/15~25)種まき20日ほど前にエコ堆肥2㎏/平方メートル苦土石灰150g/平方メートルを施し、深く耕します。7日ほど前、1平方メートル当たり固形30号30g、燐硝安加里604号5g(または〔15・15・15〕の化成肥料8g〔8・8・8〕の同30g)を施し深く耕します。前日、高さ15cm、幅90cmほどの畝をつくります。種子は15~18時間浸した後、陰干しします。種まき(4/1~5)条問15cmほどの間隔ですじまきします。覆土の厚さは5mmほどにし軽く鎮圧します。その後、かん水し、新聞紙で覆い、その上に透明マルチをします。

除草・追肥(4/20~)

雑草はできるだけ小さいうちにこまめにとります。追肥は本葉2~3枚時、葉色がやや薄くなったら燐硝安加里604号2g平方メートルを施します。苗の定植までに草丈20~30cmほど、分けつ2~3本を確保します。 植え付け準備 植え付け20日ほど前、エコ堆肥2kg、苦土石灰180g/平方メートルを施し耕しておき ます。7日ほど前、1平方メートル当たり固形30号140g、燐硝安加里604号20g、乾燥鶏糞100g、溶燐40g(または〔15・15・15〕の化成肥料45g、〔8・8・8〕の同150g、骨粉40g)を施し耕します。前日高さ15cm、幅60cmほどの畝を作ります。

植え付け(6/20~7/10)

種まき後90日ほどで、1株2~3本の苗になります。株間25cmほどで10cmほどの溝を付け、苗を7~8株重ならないよう列状に並べ、根が隠れる程度に覆土をします。植え付け後、ダイアジノン粒剤2~3g/平方メートルを散布するとネダニ防除に効果があります。盛夏期までに活着させます。 1年目の追肥、中耕、土寄せ(9月上旬~中旬)化成肥料(固形30号50g/平方メートル)を施し、中耕し軽く土寄せします。

1年目の適蕾(8月下旬~9月上旬)

開花する前に2回ほどに分け花蕾を摘みます。

2年目施肥

第1回(3月下旬~4月上旬)は化成肥料(固形30号100g/平方メートル)を施し中耕、土寄せを軽く行います。量が多いと生育が悪くなります。第2回(6月中旬~6月下旬)は収穫時期にあわせ施肥時期を調整し1回目と同じく行います。第3回(9月上旬~9月中旬)も2回目と同じく行います。窒素過多になると軟弱になり秋に倒伏して浪株の充実が悪くなります。2年目の摘らい(8月下旬~9月上旬)は1年目と同じ方法で行います。

3年目収穫

春刈り(4/5~5/1)夏刈り(6/10~8/20)秋刈り(9/30~10/30)草丈25~30㎝になった頃から15~20日間隔に行い、株が弱らないように4~5回でうち切ります。収穫期によっては切り捨てにより品質を維持します。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 家庭菜園パッド > 不屈の生命力 ニラの家庭菜園