子供にも人気 ミニトマトの家庭菜園

(c)GoogleCustomSearch

ミニトマト(畑)

作り方

植え付け準備

植え付け20日ほど前に苦土石灰150g/平方メートルをまき耕します。10日ほど前に畝の中央を掘りマイティソイルIIと過燐酸石灰を入れます(量はトマトと同じ程度)。連作を嫌うのでナス科の作物(ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモなど)を過去5年以上作ったことのない畑を選びます。植え付け5日ほど前に基肥(量はトマトと同程度)を散布し高さ18cm程の畝を作ります。畝にマルチングすると栽培しやすくなります。以上のことを同時に実施するとあとあと結果がよくありません。

苗選び(4/25~30)

葉数8~10枚、草丈30cm程度で第一花房の花が咲き始めのもので、全体的には若々しく無病のものを選びます。

植え付け(5/5~10)

地温が14度を超えないと根が伸びないので地温を確認し植え付けます。深植えは禁止。花房を通路側にむけて植えると収穫しやすくなります。仮支柱をたて、防風・保温対策としてトンネルか、ポリ袋を使ったあんどんをつくります。

支柱立て・誘引(5/10~15)

収穫時期には草丈が2m程度、重量が10kg程度になることを予想して作ります。園芸用支柱(2m)を利用し、しっかりと組み立てます。ひもで茎を支柱に8の字にくくり、大きくなってもずり落ちないようある程度強く結びつけます。

わき芽取り、摘心

わき芽は晴天の午前中に小さいうちに取り除きます(5/20~)。第一花房に実がついたら3~4花房の上2葉を残して一番上の成長点を摘みます(摘心・7/1~5)。側枝は2~3本のば し、1側枝2~3果房つけ、あとの側枝は摘心します。1株に7~8花房をつけます。

ホルモン処理・収穫

1花房3~4花開いたたときに着果、肥大促進のためトマトトーン100倍液をスプレーで散布します。着果後50日程度で色づきます。完熟直前が最もおいしく、朝、果実が冷たいうちに収穫すると品質がよく、日持ちします。

ミニトマト(鉢)

作り方

植え付け準備(4/20~25)

植え付けの20日ほど前に、用土を調合し湿らせておきます。苗選び(4/25~30)は葉数8~10枚、草丈30cm程度で第一花房の花が咲き始めのもので、全体的に若々しく無病のものを選びます。

植え付け(5/5-10)

地温が14度を超えないと発根しないので地温を確認して植えつけます。深植えは禁止です。支柱を立て茎を支柱にくくりひもなどで8の字にし、大きくなってもずり落ちない程度に結びつけます。

わき芽とり・整枝(5/20~)

わき芽はできるだけ小さいうちに取り除きます。晴天の午前中に行います。摘心は最終の花房を下から4番目くらいとしその上2葉を残して生長点を摘むのが一般的です。

摘心とは生長の芯を取ってしまうことです。果実を大きくさせるには制限のある鉢植えでは早めに摘心することが大事です。

ホルモン処理、収穫

着果、肥大促進を期待して、トマトトーン100倍液をスプレーで1花房3~4花開いたときに散布します(5/25~)。晴天の午前10時まで効果があります。着果後50日程度で色づきます。収穫は6/30~8/20

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 家庭菜園パッド > 子供にも人気 ミニトマトの家庭菜園