北陸電力 西武生変電所と京福連絡線の歴史(福井県越前市)


北陸鉄塔ファンWEB版 >

西武生変電所

越前市中央にある77kV変電所です。丹生変電所から出ている西武生線を南に追いかけたらたどり着きました。

銘板?というか看板

旧武生市の名前を冠する変電所といえばここから日野川を挟んで北東にあるマンモス変電所「新武生変電所」ですが、この西武生変電所とは直接接続はありません。

目次

  1. 西武生線52番最終鉄塔
  2. 京福線112番
  3. 参考リンク

西武生線52番最終鉄塔

西武生変電所北側 西武生線最終鉄塔

これが北の丹生変電所から追いかけてきた西武生線の最終鉄塔です。西武生変電所に引き留められています。

西武生線の最終は52番

番数は上で確認できました。52番です。銘板は若番方向が奥まった所にあり確認不能。

京福線112番

配電用ですが南からも送電線を受け入れています。

京福線112番?1975年3月

こらちは銘板が見えましたが、漢数字のためか22番なのか112番なのかはっきりしません。が、どうみても経路は22基以上ありますので112番で良いのでしょう。

京福線112番最終

番号からわかるとおりかなりの長距離系統です。ここから出て今庄の国道365沿いに南下しています。塔マップや参考リンクによれば今庄あたりで情報が途切れているようです。

しかもこの112番が最終番号と思いきや、今庄の方は更に老番であったとのこと。謎の系統です。

北陸地方電気事業百年史に記述がないかなと見てみたのですが、京福線それ自体の情報はありませんでした。

昭和2年に京都横大路変電所と大津膳所変電所の大津送電線17km,山科開閉所から堅田変電所に至る送電線17km、堅田変電所から福井変電所に至る京福送電線こうちょう119km、花房開閉所から福井変電所に至る大野送電線35km、福電灯が、昼間は福井の電気需要、夜は京都の電気需要が多いことでそれぞれ融通させるために京福送電連絡設備としてこう長150km以上を建設したとあります。

昭和7年の送電系統図には滋賀方向から敦賀、武生経由で福井に入る系統として「京福送電線」と記されています。その後昭和27年には154kVの幹線が出来ており、その時点での名称が「京福線」に変更されています。

154kV高圧伝送が出来る前の長距離幹線だったのかも知れませんね。また追って調査します。

参考リンク

シェア

この記事を見た人がよく読んでいる記事

トップページ

カナシスコム > 北陸鉄塔ファンWEB版 > 北陸電力 西武生変電所と京福連絡線の歴史(福井県越前市)