クリスマス前の神頼み?結のまちにそびえ立つ「良縁の樹」(福井県大野市春日)

秋風が吹き始める頃になると「クリスマス前までには恋人がほしい」そう思っている人も多いのではないでしょうか? 「結のまち」で知られる福井県大野市には、そんな願いを叶えてくれるパワースポットがあります。

大野市の春日通り商店街の一角にある「春日神社」

この時期になると、恋人を求めて神頼みに来る人や、子連れの親子がちらほら。 何といっても見どころは、夜に行われている、境内のライトアップです。

昼の様子 ライトアップの様子 良縁の樹へ続く道

写真で見るとわかるように、日中と夜とでは全然違います。

そもそも、なぜ「良縁の樹」と呼ばれていると言いますと、何かの縁で、杉とケヤキの2本の樹の根っこが結ばれて、1つになって生えていることから「良縁の樹」と名付けられたそうです。

良縁の樹① 良縁の樹② 良縁の樹③

昔、縁に恵まれない息子を持つ親が、ある日「春日神社に生えている杉とケヤキの樹に触れてみよ」との夢を見て、この樹に触れてみたところ、気立てのやさしい娘を嫁に迎えることができたそうです

良縁の樹のいわれ

またこの樹は、境内の参拝経路によっては、「恋愛のご縁」に限らず「人生のご縁」にも効果があります。 恋人や結婚相手がいる人でも、一度足を運んでみてはいかがでしょう?

良縁の樹を囲っているシンボルマーク シンボルマークを刻んだ電球

ライトアップの時間になると、境内のスピーカーから、お洒落な音楽も流れているので、ロマンチックな雰囲気を味わえます。

願い事を結ぶハート

※ライトアップは、紅葉の時期からクリスマスの前まで行われています。境内の注意書きにも書いていますが、雨天の日など天候が悪いと、電球が消えることがあるので、可能ならば、天気の良い日を選んで行きましょう。

##ライター

せいちゃん(清野 量平)

現在石川県で、カウンセラーとして活動しております。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない北陸パワースポットガイド > クリスマス前の神頼み?結のまちにそびえ立つ「良縁の樹」(福井県大野市春日)