iPhone6/iphone6sとAppleWatchでQuickPayする方法

(c)GoogleCustomSearch

iPhoneは7以降でFelica対応され、手持ちの対応クレジットカードをウォレットアプリで登録することによりQuickPayで支払う事ができるようになります。

古いiPhone6/6sの場合はFelica対応していなく、単体では当然QuickPayやSuicaを使うことは出来ません。そこでAppleWatch Series2以降(Series3/Series4)をペアリングする事によりそれらが使用出来るようになります。

しかしながら、いざウォレットアプリでQuickPay対応クレジットカードを読み込むと、「このiPhoneでは対応していません」の旨のメッセージが表示されてしまいます。

たしかにiPhoneは対応していないのですが、使いたいのはAppleWatchです。

悩んだ末解決したのでメモしておきます。

ウォレットアプリではなくウォッチアプリを使う

実はAppleWatch側のウォレットは別に管理されており、一旦ウォッチのアプリを開いてそこからウォレットを選択、クレジットカードを登録する必要があるのでした。ちょっと紛らわしいですね。

試しに手持ちのリクルートカードを登録してみたら問題なく成功しました。確認が必要だったので、これは電話で終わらせました。

2018年末に話題になったKyash+Suicaの合わせ技も2019年には封じられたので素直に高還元率カードをQuickPayでAppleWatch払いするのが無駄なデポジットを増やすリスクも抑えられて精神的に気持ちいいですね。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > iPhone6/iphone6sとAppleWatchでQuickPayする方法