スウェーデン発の万能調理棒オメガヴィスペンの7つの魅力(麻婆豆腐を作ってみる)

手にもつ調理器具(カトラリー)には箸やおたま、フライ返しやスプーンなど色々ありますが、料理を作っているとそれらを持ち換えるのに意外と手間がかかっていたりします。

かといって菜箸で味噌や豆腐をすくったりフライ返しで粉を溶いたりするのはかなり難しいものがあります。(鍛錬すればできるのでしょうが)

そんな手間を解消してくれるのが、今話題になっている北欧スウェーデン発の万能調理棒、オメガヴィスペン(Omegavispen)です。

オメガヴィスペン

一見すると単なる巻いた針金に樹脂コーティングされただけに見えます。手に持ってみるととても軽く、まるで100円均一に売ってそうな雰囲気です(アマゾンで1280円とそれほど高いものではありませんが)。しかしこの形は特許なのか実際は100円均一や一般の店では売っているのを見たことがありません。

先端と2重リングがポイント

先端をみると単なる2重リングではなく折り返している部分が見えます。不思議な形ですが、実際に使ってみるとこの形がとても便利なことに納得できます。

試しに麻婆豆腐を作って見ましたのでレポートします。

1.ひき肉をほぐす

冷凍ひき肉をほぐす

まず、解凍したひき肉。溶かしたとはいえブロック状にくっついた肉を箸やフライ返しで崩すのは至難の技です。穴あきお玉やポテトマッシャーなどは穴が小さすぎてひき肉がとれなくなってしまいます。

オメガヴィスペンは見ての通り大きな開口なので綺麗にひき肉を崩すことができます。中心の穴より2重円の間の空間がちょうどよい幅で引っかかることも塊を残すこともありません。

これはメメガヴィスペンならではの能力でほかの調理器具では真似のできない一番の強みでしょう。

2.野菜を炒める

炒める

箸やお玉やフライ返しなど大抵の調理器具でも炒めるのは簡単にできます。もちろんオメガヴィスペンもお手の物です。使った感覚としては箸よりもお玉で炒めている感じに近いです。

箸よりもあたりの面積が大きいので少ないストロークでまんべんなく炒めることができます。

3.味噌を取る

2重リング味噌も落ちない

ちょっと信じがたいですが、オメガヴィスペンは味噌を取るのに向いています。

落ちるのじゃないの?

と思うでしょうが、写真の通り2重リングの間にうまく引っかかってがっちりホールドできるのです。(写真は甜麺醤です)

もちろんスプーンでもできますが、なによりいいのがそれを水で溶くのが簡単だということ。針金に引っかかっているだけなのでそのまま撹拌するだけで綺麗に溶かすことができます。

定量で取れるので味噌汁なんかにもすごく使いやすいです。

4.チューブ調味料も

先端の工夫でちょっとの量も乗せられる

にんにくや生姜などのチューブ調味料はどうでしょう。これがちゃんと乗せられるのです。オメガヴィスペンの先端の形を思い出してください。そう、先端の針金が折り返していました。

ここだけ針金の密度が高いので、チューブ系の練り調味料をちょっとだけ測って乗せられます。もちろん味噌の時同様、そのあと溶かすもの簡単です。スプーンと違って表面に付着して残ることもありません。

5.かき混ぜる

ふちが丸いので水溶き片栗粉も綺麗に混ぜられる

片栗粉を溶かすのも簡単です。スプーンにくらべて丸みが強いので用器によくフィットして綺麗にまぜられます。

かき混ぜる

もちろん調理器具を持ち替えなくてよいのでスムーズにかき混ぜることができます。片栗粉ダマを作ってしまう心配もありません。

6.豆腐もすくえる

豆腐もすくって乗せられる

2重円の間には豆腐がのります。もちろん豆腐用器からスプーンのようにすくうことができるのでスピーディに料理ができます。さすがに綺麗さでは包丁でカットするには及びませんが、手早く作りたい場合は便利です。

もちろん鍋料理の具を取り出すのにも適しています。穴あきお玉と比べてちょっとコツがいりますが慣れればなんでもすくえるようになります。

7.先端で筋を切る

肉や野菜を切って炒めたりする時に、わずかに切り残しがあって材料がくっついている時があります。オメガヴィスペンの先端は割れているので炒めながら切り残しをひきはなせます。

まとめ

単純な形ですが驚くほど多様に使えるオメガヴィスペン。あえて欠点を挙げるとすれば、調味料をすくったりする時に都度洗う必要があることです。

これは他の調理器具でも同じことですが、オメガヴィスペンの場合は持ち替えなくていいことが多い分、洗う手間が煩雑になります。

調理台の横にボールなどに水を溜めておき、すぐに軽く洗えるようにしておくと便利です。

また耐熱温度が200度で揚げ物などには向いていませんので注意が必要です。

それにしても菜箸お玉フライ返しと道具を持ち替えなくていいのはなにより嬉しいです。洗う手間もそれだけ少なくなります。

スウェーデンの万能調理器具オメガヴィスペン。まさに調理器具のスイスアーミーナイフと言えるでしょう。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > スウェーデン発の万能調理棒オメガヴィスペンの7つの魅力(麻婆豆腐を作ってみる)