黒船をあっさり撃退した本物の金沢ラーメン 支那そば屋(石川県野々市市御経塚/金沢市諸江)

支那そば屋は当初はメディア露出が多い佐野実が経営する支那そばやと酷似した名前の店という印象でした。実際は全く関係なく、小松市のエージーグループ(賓龍、昭和食堂、軍鶏屋、才谷屋、上海老街、ホルモン光など)を母体とする金沢市に2店舗のみ(2013年現在)の純正の石川ラーメンです。実は一時期佐野実の方の支那そばやも金沢に進出して競合する形になったことがありました。がそちらは1年程度で撤退したという経緯があります。

軍鶏麺塩730円

角メニューは軍鶏麺。醤油と塩が選べます。オススメは塩です。透明なスープに炙った鶏肉、中太のちぢれ麺に三つ葉の香りがよいアクセントです。あっさり系の外観のスープですが味はしっかりのっており麺の太さに負けることはありません。

この店の一番の特徴はランチサービスの充実度でしょう。ラーメンを頼むとおにぎり・麦とろ飯・鳥飯おにぎり・ライスがなんと食べ放題です。ラーメンも看板の軍鶏麺で700円程度なのでこのコストパフォーマンスは驚異的です。なかでも鳥飯おにぎりはすぐに品切れになるほどの人気です。

評価項目 三段階評価
非混雑度
配給速度 ☆☆☆
☆☆☆
スープ ☆☆☆
ランチサービス ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > 黒船をあっさり撃退した本物の金沢ラーメン 支那そば屋(石川県野々市市御経塚/金沢市諸江)