意外とコスパ高めの露天つき渋銭湯 兼六温泉(金沢市暁町)

兼六温泉は金沢市暁町にある銭湯です。褐色モール温泉で開放的な露天風呂やスチームサウナまであり、金沢の渋銭湯の中では異色の存在です。

住宅街の中に建つ

兼六温泉は暁町の住宅街の中にあります。初めての人は多分迷うので地図をよく確認してアクセスしてください。

タイトな駐車場正面入り口

駐車場は裏手にあります。正面からの通路は非常に狭いので気をつけましょう。裏手の入り口は広めなので初心者はそちらがおすすめです。ただし裏手への通路もわかりにくいのでできればナビがあるといいです。

えびす像が出迎え

玄関への階段の横には石のえびす像がいて迎えてくれます。ガラスの扉のむこうは意外と明るい雰囲気です。

無人感が漂うエントランス

玄関を誰もいなくがらんとしています。まるで夜中のコインランドリーの様な雰囲気です。傍らには下駄箱が並びます。おちついて下駄箱に靴を入れ鍵をとり浴室に向かいましょう。

浴室への扉を開けると途端に人の活気が感じられます。男女の脱射場の中央には昔ながらの番台があり、店員さんが座っています。お金はここで直接払います。420円(2014年現在)です。ロッカーは平鍵で無料、ドライヤーも無料で自由に使えます。中にはスチームサウナや露天風呂もありますのでこの値段は意外にコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

洗い場は固定式シャワーに昔の広告つきの鏡、そしてケロリン。渋銭湯の三種の神器が揃います。この固定シャワー、近年の時限式とは異なり出しっ放しにできるので意外と使いやすかったりします。

内湯は2槽。まずは「源泉」と石にかかれた立派な湯受けから流れ出る熱めの浴槽。この湯は褐色モール泉で吹き出し39C。そしてPHはなんと8.17となかなか高めのナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。飲泉可能でほんのりと塩味があります。浴槽は渋銭湯らしく深めのタイプ。とはいえちゃんと腰掛けもありますのでうっかり溺れることはありません。

2番めの浴槽は浅めで温度も中程度。よく見るとささやかながらジェット水流も出ています。上流の浴槽から湯が流れ落ちてくる作りで、そちらに人が入ると水があふれてくるのが面白いです。

スチームサウナもあります。中はテレビなどはなく暗く落ち着いた雰囲気。シューシューと聞こえる音がいい雰囲気を作り出してくれます。

開放感のある露天風呂

そして露天風呂。兼六温泉のもっとも特筆すべき浴槽です。その岩風呂には竹筒を伝い源泉がちょろちょろと落ちてとても風流です。まわりの庭の作りも見事で様々な植物や燈籠の景観が楽しめます。冬期はやや加温してあるのですがその温度はかなりぬるめ。天井はなく完全露天なので雪の日などはとても情緒があります。

歴史感のある写真

昭和の時代に噴出した1号源泉。脱衣場に飾られている写真には当時の光景が写されており、この兼六温泉の歴史を感じさせられます。 意外と人気のあるこの温泉、定休日は金曜日なので気をつけてください。

まるで自宅の部屋のような落ち着く待合室

項目 三段階
混雑度 ☆☆
渋銭湯度 ☆☆☆
露天風呂 ☆☆+
泉質 ☆☆☆
スチームサウナ ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 意外とコスパ高めの露天つき渋銭湯 兼六温泉(金沢市暁町)