住宅街の真ん中の大型温泉 健康センタークオレ(石川県金沢市伏見台)

円光寺と伏見台2丁目の通りは細いですがこの辺りでは主要な通りです。交通量もなかなかですがその通りを走っていると電柱に「健康センター」の味のあるフォントの看板が目に入ります。

案内に従い交差点を曲がると、住宅街の中とは思えない大きな建物が現れます。建物の横には「クオレ」を冠した様々な施設の名前が。これらを総じて「クオレパーク」と称しているようです。今回紹介する「健康センタークオレ」はそんなクオレパークの主要な施設の一つです。

クオレパークの案内

玄関をくぐるとまるで民間トレーニングジムのような雰囲気。若い係の方がカウンターについていらっしゃってその服装もジムのそれを思い出させます。

ジムの様な雰囲気の玄関

入浴料は大人420円。リンスシャンプーとボディーソープ、サウナドライヤーも込みなので安い方といえるでしょう。

温泉の質は植物由来の褐色モールのナトリウム塩化物泉でphは7.9。源泉は32.4で加温してあります。この地方独特の黒いモール線は肌がヌルヌルして気持ちのいい湯です。

浴室にはこれもまるでジムの様に入浴コースが掲示されています。

入浴コース

このコース、やってみようと思うも書いてある通りの湯船がどうしても見つかりません。「滝湯」は拡大解釈してうたせ湯のこととして、途中で必ず経由する「リラックスコーナー」とBコースが経由する「圧注浴」はどこのことかわかりませんでした。

泡沫湯と平湯の温度はやや高めでとても温まります。サウナもついており、これは好みですがテレビなどは無い為落ち着いて入浴できます。

そしておすすめは寝湯。この寝湯、なの通り横になって入るタイプなのですが、よくある様にジェットはついておらず温度設定も他の浴槽に比べてぬるめ。疲れる事無くゆっくりと横になれます。

結構おおきな浴室なのですが、お客さんは多め。そして入ってくるお客さんも出て行くお客さんもみんな挨拶していきます。そう、ここは地域の交流場所。まるで集会所の様な雰囲気の健康センターなのでした。

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
設備 ☆☆
浴槽数 ☆☆
洗い場 ☆☆
ジム感 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 住宅街の真ん中の大型温泉 健康センタークオレ(石川県金沢市伏見台)