影の演出家 ニンニク

(c)Wikipedia

ポイント

種球準備(9/10~20)

植え付け20日ほど前、種球を選別し、りん片重が7g前後で形の正常なものを玉割りし、ベンレート水和剤でまぶし消毒します。小球は収量が劣るので使用しません。

植え付け準備(9/10~20)

同じ頃、エコ堆肥2 kg以上、苦土石灰120g/平方メートルを施し耕しておきます。10日ほど前、1,m当たり固形30号40g、燐硝安加里604号20g、重焼燐 40g(または〔N* P・K=15・15・15〕の化成肥料12g、〔8・8・8〕の同70g、溶燐65g)を施し耕しておきます。植え付け前日、高さ 15㎝以上、幅90㎝程の畝を作ります。穴あき黒マルチを使うと後の管理が楽です。

植え付け(9/25~10/5)

条問20㎝ほどの4条植え、株間は18㎝前後で深さ5㎝ほどの溝を切り、りん片の方向をそろえて植え付けます。早すぎると雪害にあいやすく、遅いと年内生育が劣り、肥大不良となります。 初期除草を心がけ手まめに適宜行います。黒マルチ栽培ではほとんど雑草が生えません。除紛つ(10/25~11/25)は生育のよいものを1本にするために、2本以上発芽したもののうち生育の劣るものを、種球の部分からきれいにかき取ります。

追肥(3/15~)

翌春雪解け後、化成肥料(燐硝安加里604号30g/平方メートル)を溝の全面に施し軽く耕して、根もとに2㎝ほどの土をかけ、倒伏防止と根の生育を促進します。同時にダイアジノン粒剤を5g/平方メートル与えると害虫駆除に効果があります。追肥は肥大促進になりますが、窒素過多になると貯蔵中の出芽、腐敗の原因となります。

第1回追肥の約25日後、球の肥大開始前に化成肥料(日の本2号50g/平方メートル)を溝の全面に施し、軽く耕して3㎝ほど土寄せします。マルチ栽培の場合はほとんど必要ありませんが、生育が遅れているようなら適宜液肥200倍を与えます。

とう摘み(4/25~5/10)

「とう」が出てきます。この時期にそのままにしておくと球の肥大が悪くなるため早めに摘みとります。

収穫(6/20~30)

茎葉の30%が黄色く変化したら収穫します。遅れると裂球、裂皮が増え光沢が落ちてきて品質が落ちます。土が乾いた時に収穫し、風通しのよい日陰で5日程干してから網袋に入れ、風通しのよい冷暗所で貯蔵します。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 家庭菜園パッド > 影の演出家 ニンニク