香りが魅力 ゴボウ

(c)Wikipedia

ポイント

種まき準備(4/1~10)

連作をさけ、種まき20日前にエコ堆肥2 ㎏/平方メートル、苦土石灰170g/平方メートルを施し、できるだけ深く耕しておきます。種まき7日前、1平方メートル当たり固形30号50g、サンフルーツ化成989号50g、乾燥鶏糞200g(または〔8・8・8〕の化成肥料100g、乾燥鶏糞200g)を施しできるだけ深く耕しておきます。前日耕土の深さを80cm確保するため、高さ30cm以上幅80cmほどの畝をつくります。

種まき(4/20~5/10)

地温が15度を超えないと発芽しないので、まき急ぎません。地温を確保したいときは透明マルチをしておくとよいでしょう。条間9cmほどの2条に株間8~10cm、1穴3~5粒の点まきとします。発芽には光が必要な好光性種子ですので、覆土材料にはもみがらや川砂が適しています。覆土は薄く厚さ0.5cmほどにします。その後たっぷりかん水し透明マルチをします。

間引き、追肥(5/20~)

1回目は本葉3~4枚時、株間2~3cmにします。このとき化成肥料(固形30号30g/平方メートル)を条間に施します。

間引き、追肥にあわせて除草、中耕を行い、薄く土寄せします。

2回目の間引き、追肥は本葉8~9枚時、3回目は本葉14~15枚時に同じく行います。生育後半に肥料切れすると、ス入りを誘発しますので適宜、燐硝安加里604号か液肥200倍で調整します。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 家庭菜園パッド > 香りが魅力 ゴボウ