iPhoneで読み上げを行うと本体が異常加熱で高温になる場合の対処法

iOSには画面の内容を読み上げる機能がありますが、その際に本体が非常に熱くなることがあります。ここでは、その問題を改善する方法を紹介します。

iPhoneの読み上げ機能

iPhoneの読み上げ機能は「設定」の「アクセシビリティ」の「読み上げコンテンツ」の「画面の読み上げ」を有効にし、2本指で画面の上の方から下にスワイプすることで使用できます。たとえば、旅行中にその地方や市町村のWikipediaを読み上げながらドライブするなど、とても便利な使い方ができます。

しかし、この読み上げ機能を使用することで、スマホの本体が異常に加熱してしまうことがあります。

原因は音声合成のCPU負荷

この加熱の原因は、音声合成を行う際にCPUに大きな負荷がかかることです。特に高品質な音声を使用する場合、処理が増えて負荷が高くなります。そのため、本体が過熱することがあります。

iPhoneの読み上げの異常加熱を防ぐ方法

異常加熱を防ぐためには、次の方法を試してみてください。

  1. 音声の設定を変更する: 「設定」の「アクセシビリティ」の「読み上げコンテンツ」の「画面の読み上げ」の「声」を選び、「日本語」をSiriからKyokoに変更します。Kyokoの音声は、Siriよりも軽量でCPUへの負荷が少ないため、過熱を抑えることができます。

  2. バックグラウンドアプリを減らす: 読み上げを行う前に、バックグラウンドで動作しているアプリを閉じることで、CPUの負荷を軽減できます。

  3. 通気性を確保する: iPhoneを使用する際は、通気性の良い場所で使用することも効果的です。特にカバーを外して使用することで、熱の放散を助けることができます。

  4. ソフトウェアのアップデート: iOSのアップデートにより、読み上げ機能の効率が改善される場合があります。常に最新のソフトウェアをインストールしておきましょう。

まとめ

iPhoneの読み上げ機能は便利ですが、異常加熱の問題に直面することがあります。音声設定の変更やバックグラウンドアプリの整理、通気性の確保など、簡単な対策を講じることで過熱を防ぐことができます。これらの対策を試して、快適に読み上げ機能を利用しましょう。

トップページ

節約テクノロジ > iPhoneで読み上げを行うと本体が異常加熱で高温になる場合の対処法