明日が晴れならiPhoneに通知をする方法(IFTTTのかんたんチュートリアル)

山登りやサイクリングなど、アウトドアが趣味であれば、明日の朝が晴れるかどうかは重要な事です。 毎日天気予報をチェックしてもいいのですが、どうしても忘れがちです。

ここで紹介するIFTTTアプリを使えば、そんな通知が自在に作れます。

明日が晴れならiPhoneへ通知

手順

  1. AppStoreでIFTTTをインストールします。
  2. Receipesで「+」を押しIFの横のトリガの「+」をさらに押します。これが通知を送るきっかけです。
  3. 今回は天気なので「Weather」を選びます。この中の「Tommorows forecast calls for」が、明日の天気です。
  4. Conditionで「Clear」を選びます。雨の時通知をしたいのであれば「Rain」と言った具合です。
  5. 次はアクションを選びます。これはトリガーが起きた時にする動作です。
  6. 「iOS Notification」がiPhoneへの通知です。

以上でOKです。

アクションは非常に種類があって迷いますが、最初はとりあえず「iOS Notification」でiPhone通知を受け取る設定でトリガを色々触ってみましょう。

慣れたら、例えば毎日の通勤時刻をGoogleDriveのスプレッドシートに自動で記載していくような使い方もできます。

参考リンク

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約テクノロジ > 明日が晴れならiPhoneに通知をする方法(IFTTTのかんたんチュートリアル)