App Storeの審査でIn Reviewが長いまま1週間以上放置しておいた話

(c)Wikipedia

iTunes Connectでの審査は申し込んでからWaiting for Reviewが1週間程度続き、In Reviewになり、そこから大抵1日以内に公開可能になります。

Waiting for Reviewの時間は込み具合によってまちまち。Average App Store Review Timesというサイトで投稿された平均待ち時間が確認出来ます。

ところがこの審査、極まれにIn Reviewになってから硬直してしまう場合があります。ネット上の書き込みでもその様な方はちらほらいらっしゃって、あまりに遅いのでアップルに問い合わせをしたら審査が進んだり、自分で一旦リジェクトしたりといろいろ工夫されている様です。

先日、筆者の申請したアプリもIn Reviewのままになった事がありました。上記の様な問い合わせやセルフリジェクトをしようと思ったのですが、試しに完全放置してどうなるかをやってみたので結果をレポートします。

12/12(0日経過)

アプリを審査に出しました。自分用に作ったシンプルな価格比較アプリです。Android版ですでにリリースしたもののiPhoneへの移植版でした。

12/22(10日経過)

いつものようにWaiting for Reviewが10日続いたあと、App Submission Feedbackが来ました。つまりReject(審査不可)です。内容は「シンプルすぎる」というもの。自分的にはさっと使えるシンプルな比較アプリが無かったので作ったつもりなのですが、そんなレギュレーションもあるのですね。

12/30(0日にリセット)

仕方ないので追加機能をつけて、シンプルモードとノーマルモードをわけて再度申請を出しWaiting for Reviewになりました。

12/31(1日経過)

別に審査に出してあったアプリがIn Reviewになり即日公開されました。

1/3(4日経過)

まだ別のバージョンアップ審査していたアプリがIn Reviewになり、次の日公開されました。

1/9(11日経過→0日にリセット)

ようやく最初に出していた価格比較アプリがIn Reviewになりました。そして即日来たのがまたApp Submission Feedback(∥ ̄■ ̄∥)。今度は「追加機能をつけたのならスクリーンショットもふやしてね」って内容。

追加で画面撮りを行い、ソフトはそのままで再度申請を出しました。Waiting for Reviewになりました。

1/11(2日経過)

年末に別に出していたアプリが表記の不備でRejectされました。「抽象的な説明だけでなく具体的な説明を追加してね」との内容。こちらも追記して出しなおしました。

1/14(5日経過)

最初の価格比較アプリがIn Reviewになりました。またリジェクトされるのではとヒヤヒヤして待ちます。

1/15(6日経過)

なにもありません(-_-)。いつもなら即日か次の日にはリジェクトなり審査通過なり通知が来るのですが、、、

1/20(11日経過)

全く音沙汰なしになりました(´∵`)。他に審査に出しているアプリについてもなにも反応がありません。アプリ毎ではなく個人毎に待っているような処理なのでしょうか。ネットで探してみると、こんな風にInReviewになったのに長く待たされる例は確かにあるそうです。

アップルへ問い合わせたりセルフリジェクトしたら再度処理されたとかとの情報もありましたのでやってみようかなと思うも、もし放置したらどうなるのかも気になったのでそちらを実験してみることにしました。

1/23(14日経過)

いいかげん待ちきれなくなりました(・ε・`*)。他のアプリの申請も詰まっている感じなのでやはり問い合わせ様かなと思っていると・・・

1/24(15日経過)

突然Your App Status is Processing App Storeのメールが!しかも苦戦していた例の価格比較アプリです。というわけでその日にReady for Saleになり無事審査が通りました。他に出していたアプリも次の日にIn Reviewになりそちらも無事通過。

というわけで、In Reviewになったまま硬直しても放置すれば審査通過する(こともある)という結果になりました。Appleも大量の申請を人力でこなしているのでこんな波もあるのでしょう。毎度ご苦労様です(・д・)コ

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約テクノロジ > App Storeの審査でIn Reviewが長いまま1週間以上放置しておいた話