Garmin eTrexシリーズのGPSログをMacOSでUSB経由でダウンロードするには

(c)GoogleCustomSearch

Garmin eTrexは非常に便利なデバイスです。液晶表示をしたままでも1日以上電池がもつので登山以外にも自転車や待ち歩きなど様々な用途があります。Windowsの場合はカシミール3Dなどでログを取り込むのですがMacOSXの場合は異なった手段でログを取得することになります。

ソフトのインストール

LoadMyTracksというアプリケーションを使用します。ホームページから「Download」を押しダウンロード。インストーラはなく、そのままアプリを起動できます。

LoadMyTracksを起動後、USBにeTrexを接続すると認識通知が表示されます。ダイアログにてGarminUSBを選択、TracksチェックボックスをチェックしAquire。GPXファイルが作成されます。

GPXファイルの分割

そのままの状態ではすべてのトラックが一つのGPXファイルに格納されています。GPXファイルをテキストエディタで開くと以下の様な形式をしています。

<gpx
  xmlns="http://www.topografix.com/GPX/1/1"
.
.
http://www.cluetrust.com/XML/GPXDATA/1/0 http://www.cluetrust.com/Schemas/gpxdata10.xsd">
<trk>
<name>26-OCT-13</name>
<trkseg>
.
.

XMLのtrk要素が複数あるのがわかると思います。これがトラックの単位です。セーブされたトラックやアクティブなトラックがこの要素でわけられていますので必要なtrk要素以外を消去してセーブします。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約テクノロジ > Garmin eTrexシリーズのGPSログをMacOSでUSB経由でダウンロードするには