Titanium iOSシミュレーターで言語が日本語にならない場合の対処方法

(c)GoogleCustomSearch

XCode6.1のiOS Simulatorはバグでランゲージロケールが変更できません。正確には設定から変更は出来るのですが、アプリに繁栄されないという致命的な問題があります。

これではスクリーンショットをとる場合など、非常に不便です。

ここではTitaniumユーザーの為の回避方法を記述します。Xcodeから先はObjective-C/Swiftユーザーにも共通です。

  1. 一旦、TitaniumStudioでプロジェクトをビルドしておく。
  2. XcodeのFile->OpenでTitaniumのプロジェクトフォルダのbuild/iphone/*.xcodeprojを開く。
  3. ウィンドウの左上のプロジェクト名をクリック、NewSchemeで例えばNihongoという名前のスキームを作る。
  4. 作ったスキームを選択し、EditSchemeでRunのArguments Passed On Launchに[-AppleLanguages (ja)]を追加しClose。
  5. 再び作ったスキームから目的のシミュレータを起動。

この方法は、シミュレータの設定を変えるのでは無く、アプリの起動方法を変える事で日本語にしています。日本語キーボードでの日本語入力も可能です。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約テクノロジ > Titanium iOSシミュレーターで言語が日本語にならない場合の対処方法