STRAVAで面白そうなコースをGPXでダウンロードしてGarminEdgeなどでナビする


節約テクノロジ >

自転車のサイクリング記録アプリ+WebサービスとしてSTRAVAが人気です。これは一種のSNSで、アプリで自転車ログを記録すると、サーバーにアップロードされ友達とサイクリングのアクティビティを共有することができます。この記事ではSTRAVAの紹介とGPXのダウンロード方法を紹介します。

目次

  1. STRAVAの面白さ
  2. コースデータGPXトラックログのダウンロード方法
  3. おまけ[STRAVA UNLOCKER]
  4. コメント

STRAVAの面白さ

STRAVAで特に面白いのはセグメント(Segment)という、バーチャルレース機能です。これは、走ったログ上に、レースのコース、セグメントがあると自動的に認識し、知らない人とのランキングを競う事ができます。

普及したサービスなので地方の方でも活発にログがあがっており過疎化していないこと。どんなに田舎の方でも、使っている人が多いので相手に困る事はありません。同様のサービスに猛レースがありますが、こちらはGPSのログをあげるのが手動なこともあって、比較的盛り上がりにかけるのが残念です。

コースデータGPXトラックログのダウンロード方法

STRAVAを見ていると、自分の周りでも普段気づかなかったような面白そうなコースが掲載されています。そんなコースをGarminEdgeやCyclemeterアプリ、スーパー地形アプリなどにダウンロードして実際に走ってみたいもの。これはアクティビティのGPXデータをダウンロードしてGarminEdgeに転送、もしくはスマホのアプリに読み込ませれば可能です。

方法は、有料会員(月600円)になること。アプリの課金などで有料アカウントになり、STRAVAのPCサイトを開くと、地図の端のGPXのダウンロードが有効になります。

GPXのダウンロードボタン

有料会員は他にもリアルタイムにセグメントが更新されたり、仲間の位置を知ったりという機能もあります。

600円となかなか高価ですが、このGPXのダウンロード機能だけでもガイドブックを買ったと思えば安いのではないでしょうか。

具体的なEdgeへの転送方法についてはGARMIN EDGEの記事に掲載していますので参考にしてみてください。

またダウンロードしたGPXデータの確認は拙作 GPX表示くんをお使いください。

おまけ[STRAVA UNLOCKER]

下のブックマークレットをChromeやSafariのブックマークバーにドラックしてアクティビティ画面で押してはいけません。

STRAVA UNLOCKER

シェア

コメント

トップページ

カナシスコム > 節約テクノロジ > STRAVAで面白そうなコースをGPXでダウンロードしてGarminEdgeなどでナビする