日本の禅寺の中で、もっとも高い格式を持つパワースポット『南禅寺』(京都市左京区南禅寺福地町)

京都市左京区にある禅寺「南禅寺」

南禅寺

疎水水路閣

ここは臨済宗の総本山に当たるお寺で、琵琶湖の湖水を京都市に流している水路、疎水水路閣(そすいすいろかく)がある場所でも有名です。

水路閣上部

この場所は、巒頭風水(らんとうふうすい)[=地理風水] でいう、 「脱殺穴(だつさつけつ)」という地形に該当し、気の集まる場所として知られています。

「脱殺穴」とは、動きを殺して、心身脱落するという意味があり、 見て歩き回るお寺というよりは、頭を無にして坐禅や瞑想をするのに最適な場所です。 そのため南禅寺に行く場合は、平日の午前中、人気の少ない時間帯に行くことをお勧めします。

方丈庭園入り口

また、毎月第2・第4日曜日の午前6時から(11月~3月は、午前6時半から)は、「暁天坐禅(ぎょうてんざぜん)」と呼ばれる坐禅体験もやっているので、一度は体験してみるのもいいでしょう。 坐禅体験ではなく、個人で瞑想する場合は「方丈庭園」の中にある茶室がお勧めです。

方丈庭園内部①

方丈庭園内部②

方丈庭園内には「不識庵」や「窮心亭」など、パワーの強い場所もあるようですが、一般の人は入れないため、 別途茶室への入場料(お茶請け代込み)がかかりますが、観光客の通行にも妨げないこの場所が良いでしょう。

茶室内部

茶室から見える庭園)

お茶請けを体験した後で、滝のある庭園を目前にして、 頭の中を空っぽにして、ただただ流れる自然の音に耳を傾ける。

日頃の生活で、心身に溜まった垢を落とすのには、良いパワースポットと言えるでしょう。

『南禅寺』ホームページ

ライター

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない北陸パワースポットガイド > 日本の禅寺の中で、もっとも高い格式を持つパワースポット『南禅寺』(京都市左京区南禅寺福地町)