石川県を代表する隠れた分岐瀑 七ツ滝の位置(石川県能美市辰口長滝)

北陸で滝というと、どうしても富山県や福井県が有名ですが、石川県にも意外と沢山滝があります。ただし不思議なことにそのほとんどは金沢市外なのです。その中でも石川県能美市辰口長滝の七つ滝はその数と遊歩道の景観から石川県を代表する滝と言えるでしょう。

そんな七つ滝ですが県民にも余り知られていない上に場所もすこしわかりにくいところにあります。加賀産業道路から県道四号線を下った脇にあるので地図を頼りに探してみてください。駐車場はしっかりありますので安心してください。

滝は400メートル程度の遊歩道に点在しています。それらは一つの渓流でつながっておりその川沿いに歩いて散策する形となります。

6つは程よい間隔で並んでおりそれぞれ特徴のある形をしています。一つ一つはそれほど大きくありませんが初夏には周りの緑も美しく写真を撮られる方にはとてもよい素材になります。また東屋も点在しておりのんびり休憩しながら滝を眺めることもできます。

また遊歩道そばには横の小高い山を通る登山道も整備されておりには手軽な山歩きと手取川の美しい景色が眺められます。是非動きやすい服装で散策してみてください。

ちなみに7つ目の滝は数合わせ的な存在のようで、少々離れた場所に人工的に作られています。

滝というと1点にあって折角見に行っても軽く見て終わりという方も多いと思います。この七つ滝は複数の滝を含んだ程よい距離の遊歩道全体なので時間をかけてじっくり楽しめる運動にもよい何度でも来れるスポットです。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない北陸パワースポットガイド > 石川県を代表する隠れた分岐瀑 七ツ滝の位置(石川県能美市辰口長滝)