はこboon miniの配送時間は遅くてなかなか届かない?ノーマルとの違いとは

2015年10月よりヤフオク向けの運送サービスであるはこboon miniがスタートしました。

はこboon mini

miniという名前からノーマルのはこboonのサイズを制限して安くしたサービスと勘違いしやすいのですが、ちょっと違うので注意が必要です。

このmini、ファミリーマートの物流(ファミマのトラック)を一般運送に流用した仕組みで既存のヤマト運輸が行っている、はこboonとは全く別ものなのです。

はこBOON miniのサイトを見ると、ファミマで宛名書きせずに送れてレターパックの様にサイズも計らなくてよく、とても便利そうなサービスなのですが、ここであまり大きく書かれてない重要なことがあります。それは相手もファミマでしか受け取れない事、そして配送に非常に時間がかかる事です。

この二つはminiを利用する上で特に注意しておかなければいけません。どちらも配送する側(ヤフオクでいう出品者側)はいいのですが、受け取り側(落札者側)にとっては場合によっては不都合となりうる事項です。

便利そうなのでminiで配送してみたはいいけれど、落札者が欲しい時に届かず、ファミマが近くになく受け取りも出来なくて悪評価などとならない様に気をつけましょう。

ここでは筆者が実際に使ってみた感想と、落札者まで到達した時間を書きます。ご参考までに。

袋は事前にもらえるのか?

はこboon miniはファミリーマートに置かれている専用の80サイズの袋(ビニール)に入れて送ります。手順としては

  1. ヤフオクかんたん取引でminiを選択し手順に従い申込番号を入手
  2. 店員に袋をもらう
  3. famiポートで申込番号と袋のバーコードをスキャン
  4. 店員にfamiポートから出てきた紙と袋を渡す

と1の相手の住所入力をしなくていい利便性の反面、ファミマでは袋をもらうときと申し込む時で2回もレジに行かなければいけない煩雑さもあります。

予め袋をもらっておけば家で商品を入れてからお店に行けます。お店によるかも知れませんが近くのファミマではお願いしたら袋だけをもらう事ができました。

必ずしも安い訳ではない

例えば2kg以下の荷物を東京から山梨に送るとするとはこboonでは597円なのに対してはこboon miniは600円と反対に高くなってしまいます。

対して東京から愛知の場合ははこboonでは597円に対してはこboon miniは500円。

距離ではなく配送の都合によって値段が決められている様です。

実際に配送にかかった時間

サイトでは配送時間4日から9日とありますが実際は早くつくかもしれません。試しに石川県から大阪府にはこboon miniで送ってみました。

送ったのは日曜日。先方には念の為、遅くなる旨を伝えてあります。

送付後すぐにメールで発送完了の連絡が来ます。ここからは通常の宅配便と異なり全く追跡ができません。いつ届くかと悶々としながら待ちます。

・・・・そして一週間が経ちました、全く音沙汰がありません。落札者の方には非常に申し訳ありません。

メール。

ヤフオクの取引連絡です。内容は「荷物がファミリーマートに到着しました」とのこと。

日曜日に送って到着連絡は次の日曜日。ここから落札者の方がファミマに取りにに行くので下手したら次の日になります。

結局この実験では7−8日かかってしまいました。これではちょっと使い物になりませんね。大きさが小さいならばレターパックの方がよさそうです。

はこboon miniでの配送をキャンセルしたい

他に出品していた物もはこboon mini発送にしてあったので、これは落札者に迷惑がかかると思い、キャンセルしようとしてみました。

しかし、一度指定するとかんたん取引のシステムがmini発送に固定されてしまい、他の発送方法への切り替え方がわかりませんでした。

仕方がないのでそのまま同じ料金で遅れるはこboonで発送し、取引連絡メッセージで直接配送連絡を行い、かんたん取引の手順はそこで停めておきました。とりあえずはこれで問題なさそうです。

まとめ

ということではこboon miniは「配送時間がかかってもいいから80サイズの重いものを出来るだけ安く発送したい」という向き意外には、どうもおすすめできなさそうです。

とはいえ相手住所を入力しなくていい利便性とバッグの簡潔さはすばらしいので、今後はノーマルのはこboonへのこの仕組みの展開を期待したいですね。

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > はこboon miniの配送時間は遅くてなかなか届かない?ノーマルとの違いとは