格安SIM OCNモバイルONEのMNP処理と空白期間が長いのは本当なのか

格安SIMは2010年代中盤の節約テクノロジの王道です。その中でもOCNモバイルONEは日割りシステムが利用できるので、計画をたてずに使って月の後半ずっとLTE切れの状態になったりといった心配がありません。

そんなOCNモバイルONEに2014年12月、番号継続で音声付き利用出来るMNPのサポートが発表されました。ゲオなどの一部店舗でも即日発行が出来るのですが、通販でも契約できます。これは筆者が通販を利用してソフトバンクからOCNモバイルONEへのMNPを行った時の記録です。検討されている方のご参考になれば幸いです。

1/23(1日目)

AmazonにてOCNのSIMを注文しました。正確にはMNPで番号移行する場合はSIMを注文するのではなく「申込キット」の注文となります。というのも、番号転出側のキャリアから「予約番号」をもらい、それをOCN側に伝えないとSIMの発行ができないからです。

Amazonを選んだのはこの時点で一番安かったからで、さすが発送も早く次の日には届きました。

1/24(1日目)

届いた「申込キット」は一言でいえば「単なる紙」でした。郵送する必要性が疑問ですが(;´・д・)。これに「アクティベーションコード」が記載されています。OCNがSIMを発行するにはこの「アクティベーションコード」とドコモソフトバンクAUなどのショップでもらえる「MNP」予約番号の二つが必要ということです。

1/24同日(2日目)

元の契約先であるソフトバンクに予約番号をもらいにいきました。ショップ以外だと対応できない可能性があるのでソフトバンクのお店に行きました。

最近の契約は契約更新期間が決まっていてそれを過ぎると自動更新になるという恐ろしいルールになっています。お店で確認してもらった所、丁度契約更新月が始まったばかり。

解約なので、なにかアンケートでもたくさん書かされるのかなと思うも、サインをするだけで終了。MNP番号は印刷されたものをもらいました。あとでメールでも送信される様です。

1/24同日(2日目)

これでOCNモバイルONEへのMNPに必要な「アクティベーションコード」と「MNP予約番号」が揃いました。さっそくOCNのホームページから申込をしてみます。

基本的な個人情報と上記の2つ、そしてクレジットカード(OCNはクレジットのみ)の番号を入れたら受付完了です。メールアドレスは前の携帯のものを入れたら受け取れなくなるので、別に受け取れるメールアドレスを入れておきます。無い場合はGmailなどがオススメです。

さて、SIMの到着がたのしみです。

1/25(3日目)

3日目です。OCNからは何の連絡もありません(*´-ω-`)

さすがに即日はないですね。完全自動ではなく手作業が入っているのかもしれません。もうちょっと待ちましょう。

1/26(4日目)

4日目。今日も連絡はなしです。登録したメールにはちゃんと自動受付のメールは届いているので宛先エラーの心配はなさそうです。ちょっと気になったのでネットで検索して、みなさんどれくらいかかっているのかを調べてみました。

どうやら早い場合は2日でSIM発送される方もいらっしゃる様です。そういえば自動返信メールに「月末は混み合います」と書かれていました。微妙に月末と言えば月末なので、気長に待つ事にします。

調べたついでに、一点、不測だった事がらに気がつきました。それは

MNPの空白期間

です。最初は思い込みで、「OCNからSIM到着→ネットで手続き→OCN開始→元キャリア停止」の順だと思っていたのですが、どうやら実際は「元キャリア停止→OCNからSIM到着→OCN開始」の順番の様です。そしてこの「元キャリア停止」と「OCNからSIM到着」の間の郵送期間が「空白期間」と呼ばれ、ネットはおろか電話も使えなくなる現代人には堪え難い間が発生することになります(゜ロ゜)

なんにせよ、もう申し込んでしまったので覚悟して置くしかありません。まずは連絡がこないと始まらないのでひたすら待ちます。

1/31(8日目)

なんと1週間がたってしまいました。さすがに不安になります。申込内容や証明書の写真に不備があればその旨伝えて欲しい所ですが・・・。

ピコンとSMSの通知がなりました。OCNからです!内容は「番号移行するので今から通信が使えなくなります」との内容。短いSMSだから文章がそっけないのも仕方ないのですが、これ、知らなかったらびっくりしますよね。重要な仕事中の人は気をつけた方がよさそうです。

いよいよ携帯なしの仙人生活のスタートです(">ω<)っ

2/1(9日目)

ネットの情報によれば、早くて空白期間は早くて1日で終わり、次の日にはSIMが届く人もいるらしいので家のチャイムがなるのを今か今かと待ちます。

結局この日の日中は届きませんでした。せめて発送通知と追跡番号を送ってくれれば有り難いのですが。一分一秒が長く感じられます。

最近では携帯が無くても他のサービスで通信できたりするので空白期間でも意外としのげるものです。(普段から電話を頻繁に使う人にはオススメできませんが)

2/1同日(9日目)

ピンポーンサガワでーす

と思ったらその日の夜に来ました!本当にSMSによる元キャリアの停止案内から丁度24時間強で届きました!ヽ(*´∀`)ノ゚

ということで空白期間が1日程度というのは本当のようです。

ドコモiPhoneに挿入し、APN設定をするとすぐに使えました。

ちなみにiPhoneの場合は手動入力ではなく、mobileconfgというファイルをmacで作って設定しなければいけません。

このプロファイル、以前はgeveyというSIMアダプタを取り扱っているサイトで作る事が出来たのですが、どうやら現在は閉鎖されているみたいです。

OCNのホームページからも見当たらず困っていたところ、届いた書類をよく見たらプロファイルのURLがのっていました。

特に問題は無いと思うのでリンクを掲載しておきます。iPhoneをWifiに繋いでリンクを開けばプロファイルをインストールする事が出来ます。

Androidの方は以下を参考に手動でapnを打ち込んでください。

OCNモバイルONEアプリについて

OCNの使用量アプリはよく出来ており、LTE残量や繰り越しが見れて便利です。ウィジットも対応しておりロック画面からもLTEをON/OFFできますので是非導入しましょう。

とはいえ、このアプリを使うにはOCNのメールアドレスが必要で、今回の様な場合はさらに後日送られてくる会員証の情報が必要となります。この辺りの情報がSIMのパッケージに無かったのでやや混乱しました。

おわりに

結局、筆者の場合はAmazonで申し込んでから9日目に無事開通できました。混み具合や地域で前後すると思うので参考にしてください。

まだOCNのMNPはサービス開始したばかりなので案内等、発展途上な感じもしますが、050plusが無料で使えたり冒頭で書いた様に月ごとに超過を心配せず使える繰り越しありの日毎契約があるという意味では、この料金帯では今の所ベストバイなのではないでしょうか。

また機会があれば使い勝手等、レポートしたいと思います(*´・ω・)ノ

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > 格安SIM OCNモバイルONEのMNP処理と空白期間が長いのは本当なのか