eBayでPayPal経由で代金が受け取れない上に本人確認がローマ字で拒否される場合には

(c)Wikipedia

eBayで出品した場合、大抵の人はPayPal経由で代金を受け取ることになると思います。

しかし、以前は問題なかったのに、久しぶりに出品して落札されたら入金が出来ないと相手からメッセージが来る事があります。エラーの内容は次の様なもの。

「This recipient is currently unable to receive money」

これはPayPalの近年の規制強化の一つで、本人確認が厳格化されたことによるものです。

以前から使っている人は、途中からこの様なルールになったため、本人確認案内メールに気付かずに、勝手に規制状態になっている場合があります。

まずは落ち着いて、落札した相手にeBayメッセージで連絡しましょう。この本人確認、郵送も入る為、2週間くらい時間がかかる場合があります。

この長い間、待ってもらえるか、キャンセルするか、先に商品を送ってしまうかはお互い次第です。

なんとか無事話がついたら、すぐに本人確認の手続きに入りましょう。

本人確認は(eBayではなく)Paypalにログインして行います。アカウントタイプの項目があり、ここを「プレミア」にする必要があります。

案内に従うと、運転免許証などの写真をデータで送る流れになります。

と、ここまではよいのですが、場合によってはすぐに「拒否」の通知がメールで来る事があります。

「アカウント登録がローマ字なのに運転免許証は漢字なので確認できない」

といった内容です。Paypalに登録している日本人のほとんどはローマ字登録な上に、運転免許証を要求されて送って拒否って、それはないでしょといった気持ちにもなりますが、なにせ手続きがグローバル化しているので、そこは目をつむりましょう。

この状態で、一旦、登録を漢字にして認証、又ローマ字に戻すいうことをする必要があります。これが不便で、2014年現在、ウェブからは行えません。

トップページの「お問い合わせ」から「メールで問い合わせる」旨のリンクをおし、問い合わせメールを作成します。トピックは本人確認、サブトピックは適当に。

内容に「認証の為、一旦アカウント登録を漢字(xxxx漢字の名前)漢字にして、認証後、ローマ字に戻して欲しい。」と書いて送付します。日本語でOKです。

しばらくするとメールにて担当から連絡が来ます。

このケースは頻発しているらしく、先方も手際よく対応してくれます。

漢字にして認証するところまでは向こうでやってもらえるので、その認証確認通知を待ちます。

認証確認通知が来たら、担当からのメールに返信(全文引用あり)で、「ローマ字に戻してほしい」と送ります。

またしばらくすると、別の担当からの確認メールがきます。これで無事ローマ字に戻り、本人認証もおわり、アカウントがプレミアになります。

ここまでで1週間ー2週間。もし落札者に待ってもらっているのであれば、すぐにeBayのメッセージで連絡を行ってください。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > eBayでPayPal経由で代金が受け取れない上に本人確認がローマ字で拒否される場合には