フリード/スパイクの助手席側のスライドドアが開かない時の対処方法

フリード/フリードスパイクに乗っていると1回は助手席側のスライドドアがある程度以上、開かない状態に遭遇します。 ここではその原因と対処方法を紹介します。

もし開かない状態になったら絶対に無理に開かないようにしてください。ドアレールの下を覗き込むとコインパーキングのようなストッパーが確認できます。

ドアレールのストッパー

ストッパーは指で容易に動きますが、バネで跳ね上がりドアを開き方向にとめている様です。反対側から力がかかった場合はバネが押し下げられてドアが閉まる仕組みです。

そして、そのストッパーの動作が連動しているのが、スライドドアが開いた先にある部分。そう、給油口のフタ、フューエルリッドです。

まずはこのスライドドアが開かない状態になったら、給油口のフタがちゃんと閉まっているかどうかをチェックしてください。90%以上はこれでドアが開く様になると思います。

もしフタが閉まっているのにストッパーが立ったままになっている場合は慎重に指で戻してみてください。それでもまたストッパーが跳ね上がるようであれば、その経路に問題がある可能性があります。その場合はディーラーなどの修理工場に持ち込んで相談しましょう。

使ってよかったもの

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > フリード/スパイクの助手席側のスライドドアが開かない時の対処方法