8番ラーメン本店が移転したので行ってみた+A丼(ドンブリ)の作り方(石川県加賀市)

8番らーめんは石川県民なら誰もが知っている有名なラーメン店です。その歴史はなんと約50年。石川県加賀市の国道8号線沿いに1号店が出来たのが発祥です。

名前の8は国道8号線沿いだからというのと末広がりだからというのが由来なのだそう。

そんな8番らーめんの起源の本店は加賀市にあります。ところが2016年、その名前の元の国道8号線の拡張工事の関係で移転となりました。新しい場所は同じ道を挟んだすぐ近くの向かい側。さっそくレポートしに行ってきました。

モダンなつくり

広い敷地にモダンなデザインの直方体系の建物。8番ラーメン独特の「屋根」は残念ながらついていませんでした。

歴代の写真

入り口の横の待合席には歴代の本店の写真が並びます。

壁にも

壁にも大きく昔の本店の建物が描かれています。店内は木を多用した温かみのある雰囲気です。

持ち帰りコーナーも

レジの上には液晶パネル。こちらも8番ラーメンの歴史が流されまるで博物館の様です。ショーケースには持ち帰り用の見本が。なんとラーメンの持ち帰りも提供されています。

定番Aセット

ところで唐突ですが「A丼」の作り方を紹介します。「A丼」は8番ラーメンのAセットを使って自作するオリジナルの丼です。

1.Aセットをオーダーします。Aセットは野菜ラーメンにご飯と餃子の組み合わせの定番セットです。「A」というだけで組み合わせを想像できれば石川県民合格です。ラーメンの味はお好みですが「バター風味」または「バタートッピング追加」をしておきます。(おすすめは「味噌+バタートッピング」)

バターと野菜をのせる

2.Aセットにはご飯が付いてくるので、ラーメンに乗っているバターをまずそのご飯にのせます。ご飯は熱いのでバターが溶けていきます。

3.野菜ラーメンの野菜をご飯の上にのせます。

4.8カマ(カマボコ)とチャーシュー(バター風味ラーメン以外の場合)をのせます。

スープをすこし

5.スープを少しかければ完成です。スープの量はお好みで。

A丼完成

見た目は480円くらい!?お得な気分です。おいしいですよ!

後には記念碑が作られる予定

ちなみに8番らーめん本店の跡地には記念碑が作られるそうです。ぜひついでにお立ち寄りくださいね。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > 8番ラーメン本店が移転したので行ってみた+A丼(ドンブリ)の作り方(石川県加賀市)