ラーメン寳龍の魚介豚コク醤油ラーメン

白山市にある北海道発祥のラーメン店です。関東大阪に続いてなぜか北陸に出店された初めてのお店がここ白山店となります。

郊外に映える派手な店構え

店内は中央にカウンターで囲まれそれをさらにテーブル席で囲む珍しいレイアウト。元気のいい店員さんの声が飛び交います。

店の外や店内の壁には味噌らーめんが推されていますが、実際にメニューを見てみると魚介豚コク醤油ラーメンが「おすすめ」となっておりちょっと困惑していまいます。

魚介豚コク醤油

これがその魚介豚コク醤油ラーメン(800円2015年現在)。

まず目につく刻みタマネギが浮かんだ濃いめのスープ。傍らには細ぎりの海苔と煮卵が浮かびます。

メンマも細ぎりで輪切りの細ネギが中央に、チャーシューはしっかり系でまるでステーキの様。味噌系とは違いをもたせてあるみたいです。

麺は味噌系と共通の中太ちぢれ麺。食べ応えは十分で、かつスープとの絡みも捨てていません。

魚介豚コク醤油ラーメンを含めた魚介つけ麺と濃厚味噌豚骨には「おじや」が無料でつけられます。

おじや

このおじや、なかなかオススメです。よく食べ終わったスープにご飯を投入するのを奨めているラーメン店はありますが、こちらは逆にスープをおじやの器に入れて食べるスタイルです。

ラーメンのどんぶりにご飯を投入するというのは美味しいのですがちょっと品が低いイメージなのですが、このスープを専用のご飯にかけるというのはなぜかそれが感じられません。女性にも抵抗がないのではないでしょうか。

このお店、最初の店舗が発祥したのは昭和38年。なんと半世紀以上前です。もちろん看板メニューは味噌ラーメンです。

それでもおすすめな魚介豚コク醤油ラーメンは、同じ通りのすぐ近くにある岩本屋と似た系統。偶然かもしれませんが挑戦的な物を感じられます。

「変わらない為に変わり続ける」。ホームページにある言葉には考え深い物を感じます。

項目 三段階
混雑度 ☆☆
トッピング ☆☆☆
スープ ☆☆☆
☆☆☆
おじや ☆☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > ラーメン寳龍の魚介豚コク醤油ラーメン