うどん屋なのになぜかみんなラーメン こいしやとその駐車場の場所(石川県白山市鶴来)

石川県白山市でラーメン有名店といえばまず挙るのが、鶴来地区にある「こいしや」でしょう。とはいえ、このこいしや、実はラーメン店ではなく本当はうどん屋さんなのです。

うどん屋とちゃんと書いてある

場所は少しわかりづらいので地図を見てアクセスしましょう。国道157号線からだと天狗橋詰交差点から橋と反対方向へ入ったあたりになります。

駐車場は離れた場所に

一見、駐車場がないように見えるのですが、少し離れた場所に3カ所もあるので安心してください。店の前の案内板を参考にすればすぐにわかります。もう一カ所は店の前から金沢方向に50mくらい進んだ左手です。大きな看板が目印です。

連日外まで行列

店の外は連日行列。風情のある静かな鶴来の町並みの中、ここだけ人がたくさんいるのでびっくりします。営業時間は昼11時から14時半、夜は16時から19時半です。

押す注意!?

列は微妙なニュアンスの自動ドアを抜け、中まで続いています。渋めの外観とは裏腹に店内は明るくさっぱりとした雰囲気です。左手にはカウンター、右手には座敷テーブルが並びます。

店内の雰囲気。相席はあたりまえ

もちろん行列店なので、座敷テーブルも相席になることがほとんどです。テーブルのメニューはどう見てもその辺のうどん屋さんのものです。増税した2014年冬現在でも、その価格のリーズナブルさに驚きます。

定番ラーメン490円(2014年現在)

そして、定番ラーメン。和風だしの効いたほんのり甘めの透明スープに、この地方独特の赤いかまぼこ、標準でたくさんかかっているコショウ。そう、これはまさに典型的な「うどん屋さんラーメン」です。

そのコショウと魚介風のだし、そしてのせられた海苔の香りが独特の和音を奏でます。柔らかめの麺は細めストレートで、決して濃くはないスープの味をぼかしません。

チャーシューとメンマとも独特です。それは焼豚というより「肉」。見た目通り、歯ごたえのあるそれからは肉本来のエキスが染み出て、さっぱり系のスープの油分を補います。この値段で2枚ものっており食べ応えは十分です。

メンマは細めに刻まれています。もともと柔らかめなので、口の中でとけて消えてしまうような食感を楽しめます。

そして中央にのった刻みネギと周りを彩る小松菜の味の空白感が、あっさり系ラーメンの味の輪郭をはっきりと刻みます。

なるほど、これは行列。ちなみにコショウ多めなのでスープを飲み干すときは咳き込まない様に注意してください。

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
給仕速度 ☆☆
スープ ☆☆☆
☆☆
トッピング ☆☆☆
うどん屋ラーメン感 ☆☆☆
コショウの量 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > うどん屋なのになぜかみんなラーメン こいしやとその駐車場の場所(石川県白山市鶴来)