びわ湖よし笛ロードを周回する方法

「びわ湖よし笛ロード」は、琵琶湖東部に広がる「近江八幡市」と「安土町」「能登川町」の1市2町を縫って走る延長26.2kmの自転車道路です。昭和61年に20億円もかけて完成したとのことです。

通常のルートは近江八幡からに能登川に向かうのですが、今回は逆の能登川周辺スタートのコースを紹介します。こちらの方が車でアクセスする場合の駐車場が探しやすいです。スポーツセンターや博物館や公園等の公営施設があります。

走り始めたらスポーツセンター前の交差点に向かいます。そこからは自転車道が赤く塗装されているのでわかりやすいです。ただし、よし笛ロードと共用されている自転車道の名前もありますので間違えないようにしてください。特に安土付近で県道2号線と交わる付近の分岐が紛らわしいので気をつけてください。

そこからの景色はすばらしく特に西の湖の横が気持ちよく走れます。

自転車道はそのまま近江八幡の町中に入っていくので旧市街地を通って県道2号線に戻りそのまま能登川方面に帰ります。自転車道はこの2号線にそって大きく蛇行しているので、帰りは短距離で戻れます。道幅の余裕は無いので車には気をつけてください。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 金沢周辺の自転車コース集 > びわ湖よし笛ロードを周回する方法