自転車のシフターケーブルをポリマーコティングにすると変速がヌルヌル軽くなる話

シマノ6800系や9000系のシフトが非常に軽い原因としてコーティングされたシフターケーブルが挙げられます。顕微鏡で見るとインナーケーブルの周りに細井チューブを巻きつけているように見えるらしく、摩擦を押さえる効果がある様です。

他のモデルでもこのケーブルは取り付けることで、その効果を得る事が出来ます。

(シマノとしてはこの方法は非推奨なのであくまで自己責任でお願いします)

ポリマーコティングシフトワイヤーケーブルセット

前提と注意

用意するもの

手順

ワイヤーの抜きかた

ガイドチューブ

新しいケーブルをセット

ディレイラーへ

完成

完成

わずか3000円程度で非常に軽いシフトフィールが得られるコストパフォーマンスが高いチューニングです。前述しましたがリスクもありますのでお気をつけ下さい。特にオイルやグリスはアウターケーブルに入れない様にしてキャップは水侵入を防ぐ為、付属のものを使う様にしてください。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 金沢周辺の自転車コース集 > 自転車のシフターケーブルをポリマーコティングにすると変速がヌルヌル軽くなる話