フロントディレイラーのシフターの内側レバーがスカスカに効かなくなった場合の対処方法

ロードバイクのSTIシフターは変速時に手の移動も少なくてすみ、非常に便利な仕組みです。 しかしながら複雑な機構の為、故障する率はそれなりに高くなります。

シフターでよくあるトラブルが、変速しないこと。しかも、フロントディレイラーを操作するシフターのインナーに入れる側(内側)が全く引っかかりがなく、インナーに落ちないといったことがよくあります。

信号待ちなどでインナーに入れてようと思ったら手応えがないのでかなり焦ります。

手応えがなくインナーに入らない

大抵は、何度かスコスコとレバーを往復させたら引っかかるのでそれでなんとか帰りまで繋ぎましょう。

そして、これを一発で解消する方法があります。その方法とは

潤滑スプレー

そう、CRC-556などの潤滑スプレーを使います。ブレーキレバーをひくと、レバーの根元に隙間ができるので、そこに潤滑スプレーのノズルを差し込んで噴射します。オイルが垂れてくるのでタオルなどで養生しましょう。

たったこれだけで、9割りがた、症状が改善します。これはしばらく乗らなかった時など内部のラチェットの動きが悪くなっているのが原因です。

まだ問題が発生していない方もメンテナンス時にオイルアップしておけば予防にもなります。

もしなおらない場合は、内部のメカトラブルが考えられますので自転車屋さんに持ち込みましょう。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 金沢周辺の自転車コース集 > フロントディレイラーのシフターの内側レバーがスカスカに効かなくなった場合の対処方法