絹肌の湯 白峰温泉総湯(石川県白山市白峰)

白峰温泉はその湯触りが滑らかな泉質から絹肌の湯と呼ばれています。その日帰り入力施設である総湯は、かつてはいかにも昔の総湯といった雰囲気で内浴槽2つのみのコンクリートの渋い施設でした。

アンティークな外観

2008年にリニューアルされたその外観はまるで古銭湯のようなアンティークな雰囲気。施設は地域交流センターも兼ねています。

ハクさんがお出迎え

玄関をくぐると下駄箱があり右手に入り口があります。そこではハクさんがお出迎えしてくれちょっとびっくりします。笑顔がまぶしいです。

ハクさんプロフィール

桑島にフジさん、下田原にタテさんという兄弟もいらっしゃるとのこと。

中の雰囲気も古民家風

古民家の様な館内は2階建てで吹き抜けになっています。券売機がありますのでそこで券を買って受付に出します。料金は白山市在住以外の方の場合は650円。白山市在住の場合は400円になります。一度利用すると帰りに次回100円引き券がもらえるのでよく利用される方には実質は550円と300円相当といったところでしょうか(2015年現在)

内湯の様子

浴槽は内湯に大きめの浴槽1つとバイブラジェット浴1つ、水風呂に落ち着いた雰囲気のサウナがあります。奥には洗い場。総湯系には珍しくシャンプーボディーソープも装備されています。

湯はナトリウムー炭酸水素塩泉(低張性アルカリ性温泉)でpHは8.7とアルカリ強め。これが絹肌の湯と称されるゆえんでしょうか。泉温は噴出28.0度を加温されており熱めの温度設定でとても温まります。自然人ネットさんによれば、白峰温泉には1号源泉と2号源泉があり、この総湯は2号源泉を使用、1号源泉は御前荘や天望の湯で使われているそうです。またWikipediaによれば、白峰温泉は純重曹泉で全国に4ヶ所しかない珍しい泉質といわれているとのこと。

眺めのいい露天風呂

新しい白峰温泉総湯には露天風呂もあります。眼前には手取川渓流とその奥に元スキー場跡の切り開かれた見晴らしのよい山々。浴槽は一見小さく見えますが、その幅が丁度よく、並んで景色を楽しめます。木張りの浴槽の肌触りが気持ちいいです。

入浴したらもらえるソフトクリーム割引券で向かいのお土産屋へGO

移転してから泉質が変わったなど意見もあり賛否両論のこの総湯。なんにせよ白山勝山周辺の登山やスキー、ドライブなどのついでに便利な場所にある一湯です。

項目 三段階
混雑度 ☆☆
景色 ☆☆☆
市民外価格
価格満足度 ☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 絹肌の湯 白峰温泉総湯(石川県白山市白峰)