福井県の100年秘湯 鳩ヶ湯温泉が復活していた(福井県大野市上打波)

→2015年2月の豪雪による倒壊を乗り越え2015年9月、無事復活して営業されている様です\(@^0^@)/

以下、2014年度の記事です。

日本秘湯を守る会

鳩ヶ湯(はとがゆ)は、福井県大野市上打波にある1903年創業の100年以上の歴史のある温泉です。紅葉で有名な刈込池や三ノ峰、赤兎山登山の拠点としても重要で一日2本ですが山奥のこの秘湯まで市営バスも通っています。その名は山鳩が傷をいやすため、水浴にやってきたことからついたそうです。

木造3階建ての外観

2013年5月に若主人が急逝、2013年5月に惜しまれつつも廃業することとなったこの鳩ヶ湯ですが、2014年にオーナーチェンジによりその復活を遂げました。

暖炉屋さんが現在のオーナー

2014年現在、その料金はなんと自由。なんでも調整期間らしく、お客さんからは気持ちだけ頂いているそうです。営業時間は14時までなので注意しましょう。

勝手口より

正面玄関は塞がっており、駐車場側の勝手口から入館します。

受付

受付の方がいらっしゃるので日帰り入浴可能か聞きましょう。5月から11月の土日はやっているそうです。

ずっと八時半。時が止まった空間

浴室は二階です。独特の香りがする木造の古い建物はそこだけ時間が止まっています。

タイムスリップしたかの様な廊下

風合いのある、それでいて長年手入れがされており光沢がある廊下が奥へと続いています。座敷は無料で休憩もできるそうです。

渋い引き戸

古い秘湯ですが、浴室は男女別。引き戸がまた歴史を感じさせます。脱衣所は6畳程、無料のドライヤーもあり不便を感じさせません。

一坪足らずの浴槽

浴槽は一坪足らずの大きさ。鉱泉を丁度よい温度まで加熱してありますので、寒い時期にはとても暖まります。

長年堆積した温泉成分が独特の模様を作る

泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。長年沈着した温泉成分が鍾乳石の様に岩に付着しています。

風合いのある木桶と椅子

洗い場はシャワー2カ所と通常水栓数カ所。なんとシャンプーリンスも装備されています。

飲泉可能

浴槽の横にはコップが備え付けられており、飲泉もできます。源泉の温度で飲みやすい水です。ほのかに塩味と硫黄の香りが感じられます。

三階

この建物、木造の三階建てで見学もさせてもらえます。広間の横の急な階段から最上階へ上がります。

別山と刈込池を擁する願教山を一望

廊下の奥の趣のある窓から目に飛び込んでくるのは、渓谷の先の願教山とその奥の別山の雄大な姿。有名な刈込池の台地もはっきりと見て取れます。

正面玄関より

本格稼働は2015年度から。詳細は未定の様ですが、100年の歴史ある秘湯がこれからどのような歴史を刻んで行くのか。とても楽しみです。

項目 三段階
浴槽からの景観
設備 ☆☆☆
建物の風合い ☆☆☆
秘湯感 ☆☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 福井県の100年秘湯 鳩ヶ湯温泉が復活していた(福井県大野市上打波)