濃い目アルカリの源泉掛け流し 杉の子温泉(石川県白山市佐良)

国道157号線を走っていると気になるプレハブの建物があります。看板には「杉の子温泉 純生湯放流式」の記載。そう、ここは源泉掛け流し。その下には「飲める温泉」の文字もあります。

プレハブ系の建て構え

玄関のガラス扉をくぐるとお香のよい香りがしてきます。入り口にはお店が開かれており珍しい雑貨がおかれています。温泉はその奥にありますので受付で420円を現金で支払い奥の浴室に進みます。鍵つきロッカーはないので木製の渋い貴重品入れに財布等は入れておきましょう。

脱衣所は1.5坪位の狭さで人が多い時は少々混み合います。しかしながらちゃんとドライヤーや洗面台も装備されており不便は感じません。壁には「杉の子温泉が『飲める温泉』だという化学的な証明」が掲載されています。少しでも循環していると飲泉は危険なのでこういった表示は安心感があります。

杉の子温泉が『飲める温泉』だという化学的な証明

浴槽は大小二つでそれぞれ温度が異なります。大人5人でいっぱいになりそうな広さです。源泉温度は43.7度でそれがそれぞれの浴槽に注がれます。流れの関係か浴槽の温度は異なる様ですが冬場でも十分な熱さです。浴槽は底まで木製なので肌触りがとてもいいです。

総木製の2つの浴槽

このお湯、泉質はアルカリ性単純泉で香りもなくシンプルなのですがそのPhはなんと9.2。強めのアルカリはぬるぬるして肌がすべすべになります。風呂上がりに手のひらをこすってみるとそれが実感出来ます。ここまでの泉質は珍しいです。

二つの浴槽の間にはコップがおいてあり、注がれている温泉をそのまま飲む事ができます。その泉質の通り無味無臭です。非常に滑らかな口当たりなのは上記の水素イオン濃度の表れでしょう。

渋い外観ですがとても人気の国道157号線沿いの温泉です。

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
設備 ☆☆
木製浴槽 ☆☆☆
景観
浴槽数
アルカリ度 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢日帰り温泉 > 濃い目アルカリの源泉掛け流し 杉の子温泉(石川県白山市佐良)