節約テクノロジ >

Windows10/11の自動HDRを画面分割で比較表示する方法

AutoHDR機能は既存のSDRのDirectXのゲームをHDRに拡張する機能です。設定からオンオフできるのですが、裏技で画面を左右分割してその効果を試すことが出来るのです。ここではその方法を紹介します。

自動HDR分割比較モード

目次

  1. 自動HDRの準備
  2. 画面分割自動HDR比較モードの手順
  3. 自動HDRはどうなのか
  4. コメント

自動HDRの準備

まず通常通りHDRと自動HDRをonします。

ディスプレイの設定を開いてHDRと自動HDRを有効にすればOKです。

自動HDRはその他のオプションの中にあります。

HDRはディスプレイが対応しているほか、HDMIのケーブル(4K60fpsだとHDMI2.0以上、4K120fpsだとHDMI2.1以上)、HDMI出力(グラフィックカード)が対応している必要があります。

この手順でディスプレイによってはHDRが認識されたとインジケーターが出るはずです。

これが出ない場合や、自動HDRの効果がイマイチわからない場合に、この「画面分割自動HDRモード」を利用します。

画面分割自動HDR比較モードの手順

以下のファイルをダウンロードします。

上が画面分割自動HDR比較モードを有効化するファイル、下が元に戻すファイルです。

ダウンロードしたら、それをダブルクリックで開きます。

UACの確認が出るので許可、念のため再起動すればOKです。

自動HDR分割比較モード

対応しているのはDirectX11とDirectX12のゲーム。

中央に縦線が見えれば成功です。

左右で自動HDRの効果を確認することが出来ます。

自動HDRはどうなのか

さて、HDR対応でないSDRゲームをHDR対応させるこの自動HDRモードですが、効果はどうでしょう。

今までのSDRが浮いたようにみえるくらい自動HDRは美しく見える

率直に言いますと

といった感じですね。一言で言うと「好み」です。

ほんとはNvidiaControlPanelみたいにゲームごとにON/OFF出来たらいいんですけど。

→できました。ディスプレイ設定のグラフィックスでゲーム別にAutoHDRをオフにできます。

ということで、Windows10/11で追加された既存のSDRのDirectXのゲームをHDRに拡張するAutoHDR機能を比較して実験することが出来る画面分割自動HDR比較モードの紹介でした。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

節約テクノロジ >

トップページ

節約テクノロジ > Windows10/11の自動HDRを画面分割で比較表示する方法