疲れた心身と人間関係に、森林セラピーの癒やしを。山神と龍神のエネルギーが降り注ぐ、栂並木セラピーロード「眼目山立山寺」(富山県中新川郡上市町)

立山連峰から流れる上市川

立山連峰から流れる水流である、上市川扇状地に位置する町、富山県上市町。 その中でも、エネルギーをダイレクトに感じられるのがこの「立山寺(りゅうせんじ)」です。 ここは、禅宗曹洞派の名刹として知られており、通称「サッカの寺」として親しまれています。

本堂前の「三門」と「中雀門」

まず富山市方面から上市町に向かって、右手に見える(下側の)駐車場から歩いて行くと、道が2つに分かれており、 左手に行くと山手に向かうコースと、右手に行くと栂並木(とがなみき)に向かうコースがあるので、栂並木から歩いて行くと良いでしょう。

栂並木の入り口にある「眼目園地」の目印

栂の並木に一歩足を踏み入れると、駐車場のある場所とはうって変わって空気が全然違います。 駐車場を降りた場所は、少し空気が重い印象を受けるのですが、中は完全に別世界。さすが地元で「森林セラピー基地」を宣伝しているだけあります。 また上市町では「森林セラピー基地」として、「眼目山立山寺」の他に「大岩山日石寺」や「剱岳青少年旅行村」などもあります。

「栂並木と哲学の道」の看板 セラピーロードの名に相応しい栂並木

栂並木は現在、約300m 程ですが、昔は栂の並木だけで 5km はあったそうです。

中世の立山寺の絵

この栂の並木は、左右に点々とお地蔵様が立っており、奥に進めば進むほど、柔らかく温かい気に包まれる印象を受けます。 栂並木の先には「こもれび」の表記があり、ここでは晴れた日には「栂の木漏れ日」を見ることができます。

「こもれび」の看板 栂の木漏れ日

「こもれび」の場所から歩いて、本堂へ向かう道に曲がると右手に、天上道から地獄道まで司る六地蔵があります。

※「こもれび」の場所からまっすぐ歩いて行くと「座禅石コース」に出ますが、春のこの時期は「倒木」や「動物の冬眠からの目覚め」に出くわすため向かう場合は注意。

六地蔵

次に三門、中雀門と潜っていくと、中雀門の内側が「明王堂」となっており、ここには「西国三十三観音」が祀られています。

西国三十三観音 各観音ごとの説明

そして本堂。

本堂 本堂の中

本堂でお賽銭を終えた後、改めて外に出てみると、不思議とスッキリした気分になります。 立山寺は、ここの神様の教えである「自然に生まれ、自然に帰る」という、人間の本来あるべき姿を、身を持って感じさせてくれるパワースポットと言えるでしょう。

とやま観光ナビ『眼目山立山寺』

西国三十三所 - Wikipedia

ライター

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない北陸パワースポットガイド > 疲れた心身と人間関係に、森林セラピーの癒やしを。山神と龍神のエネルギーが降り注ぐ、栂並木セラピーロード「眼目山立山寺」(富山県中新川郡上市町)