ウクレレペグ交換時にブッシュ金具が抜けない場合の抜き方

ウクレレのペグを交換は自分でも簡単に出来ます。元々フリクションペグの場合はもちろんの事、ギアペグでも使っているとガタが出て遊びが大きくなるので交換すると安定性が増します。

まずは弦を外す

まずはペグを緩めて弦を外します。片方だけ外せば大丈夫です。

背面のネジを外すだけ

背面のネジをドライバーで回します。木ネジになっているのでネジ山を崩さない様に慎重にとりましょう。これだけでペグの本体は簡単に外せます。

ブッシュは打ち込まれている

ブッシュはペグの本体が差し込まれている金具です。これは打ち込まれているのでなかなか外れない場合があります。

マイナスドライバーをあててプラスチックハンマーで軽く叩く

ウクレレを傷つけない様に布などをあて、背面からブッシュにマイナスドライバーをあて軽くプラスチックハンマーで叩きます。ネックやヘッドを痛めない様に慎重に行います。

取り外したペグ

取り外しペグです。今回は同じグローバーのオープン型のギアペグを交換しました。

穴の径が同じならそのまま取り付け

穴の径が同じならそのまま新しいペグを取り付けます。もし広い場合はリーマー(ホームセンターで入手できます)で穴を拡張します。逆の場合は残念ながら不可能です。

新しいペグのブッシュをクランプ等で打ち込む

新しいペグのブッシュを打ち込みます。指で押してみて入らない場合はクランプ(万力)ではさみ、慎重に押し込みます。傷つけない様に布をあてましょう。

ビスの位置が違う場合は千枚通しで下穴を開ける

ビスの位置が違う場合はいきなりネジをあてずに千枚通しで下穴を開けて下さい。位置が同じ場合でもネジ穴を崩さない様に慎重にねじ込みます。締めすぎると崩れて空回りしてしまうので力を加減しましょう。最悪の場合は木工用ボンドを流し込んで穴を補強することになります。

装着完了

装着完了しました。この様なオープン型の場合はミシン油を少しだけ可動部分につけておくと回転がスムーズになりギアも長持ちします。

ビフォア

アフター

前はプラスチック感があるハンドルでしたがメッキになり高級感が増しました。音色はさすがに変わりませんが安定感や所有感が増すオススメのカスタムです。

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > ウクレレペグ交換時にブッシュ金具が抜けない場合の抜き方