人に教えたくない金沢まんぷく情報 >

味の洋食屋 味吉亭のカツスパゲッティ(石川県白山市熱野町)


鶴来街道沿いにある創業40年以上の老舗洋食屋さんのカツスパゲッティを紹介します。

目次

  1. 味吉亭の営業時間と定休日と駐車場
  2. 味吉亭の店内の様子
  3. 味吉亭のメニュー
  4. 味吉亭のカツスパゲッティ
  5. まとめ
  6. コメント

味吉亭の営業時間と定休日と駐車場

店名味吉亭(ミヨシテイ)
営業時間11:00~14:30、17:00~20:00
業種洋食屋
定休日木曜日
TEL076-273-2823

味の洋食屋 味吉亭

金沢市内と白山市鶴来地区を結ぶ石川県道179号線は「鶴来街道」と呼ばれる古くからの主要道です。用途区域的に工場も多いですが元々は国道157号線だったその道は趣をパッチワーク的に残して廃線になった加賀一の宮駅跡へと続いています。

味の洋食屋 味吉亭はそんな鶴来街道沿いにある老舗の洋食屋さんです。元々は金沢市内にありご夫婦で経営されていたのですがこちらに移転されてきて早30年。今も現役で営業されています。

味吉亭の店内の様子

電灯の傘がなんとも渋い

真っ白な窓枠と壁にベージュ色の屋根にアンティークな電灯の外見を裏切ることなく中は昭和の純喫茶。テーブル席とカウンターもありおひとりさまでもグループでもOKです。

工場が近くにあり昼時はいつも常連さんで賑わっています。

シガレット自販機あり!

入って目につくのは昔ながらのタバコ自販機。30年どころじゃない古さなな様な気がします。

公衆電話あり!

振り返ると公衆電話。そう、ここはもう昭和。

まんぷくん

本当にタイムスリップした気分になります。

味吉亭のメニュー

アツアツのおしぼりが嬉しい

席に着くと女将さんがオシボリとお水、そして注文するとテーブルに食器をセットアップしてくれます。

このオシボリがとてもアツアツ。

まんぷくん

思わずおしぼりで顔をジュッと暖めたくなる気持ち良さです。

ハシとフォークがセットされる

大衆的な価格の店なのですが丁寧にテーブルメイキングをしてもらえる心遣いが嬉しいですね。

味吉亭のメニュー1

味吉亭のメニューはこんな感じ。肉料理・魚料理・スパゲティ・カレーとどれも千円以下の良心価格。

まんぷくん

左上ステーキの値段だけがぶっ飛んでいるのはご愛嬌です。

味吉亭のメニュー2

洋食屋なのに牛丼もあるのが見逃せません。そのうち挑戦してみたいですね。

味吉亭のカツスパゲッティ

これが味吉亭のカツスパゲッティ

味吉亭でまずおすすめしたいのがこのカツスパゲッティ。

聞きなれない組み合わせですが、読んで字の如し、ナポリタンの上にトンカツが乗っているのです。

アツアツ鉄板の上のナポリタン

ナポリタンは加熱された鉄板の上にあるのでゆっくり味わって食べても冷めることなく最後まで美味しく食べられます。

まんぷくん

ちょっとお焦げ風に香ばしくなるのがまた食欲をそそります。

デミグラス系の甘味のあるソースがたまらない

スパゲティはデミグラス系ケチャップの甘めのソースにマッシュルームとピーマンが絡めてあります。

スライスしたウィンナーがなんとも懐かしい味。

カツスパにはチーズとタバスコ(ケース入り)

カツスパを頼むとテーブルにはパルメザンチーズとタバスコが並べられます。

まんぷくん

タバスコが箱入りなのにちょっとびっくりします。

途中から少しづつ加えていくとまた風味が変わって楽しめます。

しっかりとした金沢カレー風カツ

さて、カツスパのトンカツ。何処かで見たことあるなと思ったら・・、そう金沢カレートンカツ。

それもそのはず、ここ味吉亭は正統派の金沢カレーの店でもあるのです。

軽くかけられたソースは甘酸っぱくカツの薄い衣としっかりとしたロース肉によく合います。

まとめ

ということで味吉亭のカツスパゲッティの紹介でした。バリエーションに富んだメニューで白山麓ドライブの際には帰りに立ち寄りたくなる鶴来街道沿いにある老舗洋食屋さんでした。

項目 三段階
昭和純喫茶感 ☆☆☆
テーブルセットアップ ☆☆☆
カツの金沢カレー感 ☆☆☆
ナポリタンは鉄板でしょ ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

この記事を見た人がよく読んでいる記事

人に教えたくない金沢まんぷく情報 >

コメント

トップページ

人に教えたくない金沢まんぷく情報 > 味の洋食屋 味吉亭のカツスパゲッティ(石川県白山市熱野町)