たまごかけご飯のお店 おやたま食堂(富山県小矢部市)

おやたま食堂11:00-15:00月曜定休日

おやたま食堂は北陸では珍しい卵かけご飯のお店です。昼間しかやっていないのですが、休日ともなればお客さんでいっぱいになるのも珍しくありません。

券売機

店に入るとまずは券売機が設置されています。たまごかけご飯は320円から420円。他にも日替わりメニューやラーメンなどもあります。

三種類の卵から選ぶ

たまごかけご飯の食券を買うと卵をどれにするか聞いてくれます。卵の種類は3種類。ビタミンEやDHA・EPA・ヨウ素が豊富な「マリンエッグ」、αーリノレン酸を多く含む「とこたまーα」、さっぱりとした味わいの「くりからハーブたまご」です。どれも同じ小矢部にある床鍋養鶏で朝とれた新鮮な卵です。

卵かけご飯大420円(くりからハーブたまご)

たまごかけご飯はみそ汁と漬け物もついてきますので単品でも十分お腹を満たせます。卵をとくための小鉢もついてきます。

三種の醤油からお好みで

面白いのは卵だけではなく醤油も選べる事でしょう。それぞれ味が違いますので小皿にすこしとって味見してお好みを選んでもよいでしょう。どれもだし系の醤油でたまごかけご飯にはぴったりです。醤油だけを買って帰る事もできます。

鰹節とのりのトッピングは無料

鰹節と海苔はテーブルに設置してあってかけ放題です。他の追加トッピングは+60円で、明太子・しらす・とろろ・キムチ・納豆の中から好きな物を追加することも可能です。ちなみに同じ値段でみそ汁や漬け物・追加の卵を加えることもできます。

新鮮なたまごに鰹節と海苔

卵は朝どれなだけあって、割ってみてもプルンと弾力がありとても新鮮なことがわかります。ご飯はコシヒカリで炊き加減もたまごかけご飯にあるような絶妙な水加減です。

表には卵自販機もあり

外にはお店の中で出されている卵を買える自販機も設置されています。卵は300円からです。ユニークなのは卵と醤油がセットで売られていて家に帰ってすぐに卵かけご飯ができることです。おやたま食堂の営業時間は15時までとなかなか厳しいので、入りそびれたらこれらの自動販売商品を買って帰るのもよいと思います。

ちなみに北陸では卵かけご飯の店は珍しいと書きましたが、福井にも たまごかけ専門店 たわら食堂という卵かけご飯専門店がある様です。(情報ありがとうございます)

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > たまごかけご飯のお店 おやたま食堂(富山県小矢部市)