石川県三大B級グルメ ラーメンとんとん(石川県金沢市南森本)

ラーメンとんとん

ラーメンとんとんと言えば、チャンピオンカレー、第七ギョーザと並び、かつては知らない人がいない位の有名な店でした。 全国でも珍しい担々麺看板店でメインメニューはもちろん担々麺。当時は地元ではTVCMも放送されており、その広告に恥じない病み付き系のラーメンでした。

しかしながら、2010年、残念ながら経営破綻があり、数多く会った店舗も無くなり、今では南森本の国道八号線沿いの総本店を残すのみとなっています。

それでも当時、石川県民を熱狂させた独特の担々麺の味は100%健在で、今も連日駐車場は、ラーメンとんとんの担々麺ファンでいっぱいです。

メニュー(2014年現在)

ラーメンとんとんの担々麺は辛さを選べます。10段階あり、最強レベルはメニューに警告まで書いてあるのが、とんとんスタイルです。とりあえず初めての方は4くらいがオススメです。最低にすると全く辛くは無くなりますが、とんとんラーメン本来の真価を楽しむこともできるので、機会があれば一度試してしてみても良いでしょう。

あと担々麺と一緒にライスもオーダーしておきましょう。

定番 担々麺

どろっとした白色の層があるスープです。シンプルなトッピングはチンゲンサイのみ。中央には担々麺のアイデンティティであるひき肉炒めが鎮座しています。

麺は強烈なゴマの香りがたちのぼるスープの奥に潜んでいます。もっちりとした麺は食べごたえのある極太。唐辛子の辛さが太麺のほのかな甘みを引き立てます。

ゴマの層の下は中華スープで満たされています。ほのかに酸味を感じさせるその醤油系のスープは辛みに負けずにその存在感を醸し出します。

途中で口にするチンゲンサイのさっぱり感が全体的なこってりとのメリハリを出してくれます。

そして麺を食べ終わったらライスをスープに投下しておじやにするのが、とんとんスタイル。以前はメニューにも書かれていた定番食法です。底に沈殿したひき肉炒めがライスに絡まり、そこはまさに石川B級グルメの真骨頂です。

いろいろありましたが、他に無い忘れられない石川県の味。ぜひとも末永く続けて頂きたいラーメンとんとんを、金沢まんぷく情報は応援しています。

項目 三段階
混雑度 ☆☆☆
給仕速度 ☆☆☆
スープ ☆☆☆
☆☆☆
チンゲンサイ ☆☆☆
おじやのB級感 ☆☆☆
価格満足度 ☆☆☆

関連ツイート

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 人に教えたくない金沢まんぷく情報 > 石川県三大B級グルメ ラーメンとんとん(石川県金沢市南森本)