その労働は何パーセント戻ってくるのか[概算とられる君 作成中] v0.1.0

入力

所得税所得控除(万円)
住民税所得控除(万円)
サラリーマン
40歳から65歳までの人の数

※所得控除は基礎控除と給与所得控除以外を入力してください。わからない場合は0で大丈夫です。


シミュレーション(万円単位)

※すべてイメージ概算で実際とは異なります。作成中の為計算結果が大幅に異なる場合があります。平成27年度に対応します。世帯主のみ対応します。

Wiipediaより

1000円分働いたとしましょう。しかしそれで1000円の物を買うことはできません。その分、税金がかかり、保険料が上がり、残った金額を使う時に消費税も必要になります。

日本は累進課税制度を採用しており、所得が多い人ほど課税や保険料が増加する仕組みです。その為か(違う目的の為か)その計算方法は非常に煩雑で、簡単に暗算では求めることが困難です。

これは一年間の所得に対してだいたい何%実際に使えるのかのイメージを知ることができる計算機です。所得の増加に対してどれくらい累進課税が効いてくるかも感じることができます。

簡単にするため、保険料については概算法を使っています。実際は保険団体によって少しずつ異なります。

使い方

参考リンクを見て自分の控除額を入力します。給与所得と基礎控除のみ自動計算しますので、その他の扶養などの人的控除などのみを参考リンクを参照して入力してください。同じ条件でも所得税と住民税では異なる控除額になるので注意してください。

注意

作成中のため、計算結果が大幅に異なる場合があります。あくまでイメージを捉える為にお使いください。平成27年度に対応します。ご指摘がありましたらTwitterまでご連絡くだされば助かります。

その他

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約テクノロジ > その労働は何パーセント戻ってくるのか[概算とられる君 作成中] v0.1.0