ダムでもらえるトレーディングカード ダムカードDAMCARDのもらい方・集め方

バイクツーリングやサイクリングの目的地や経由地として山間部にあり景観もよいダムはとても適しています。 堤に自由に入れるところや周回できるところもあり、写真好きであればその放水の迫力のある絵を撮って楽しむこともできます。 しかしながらダムに詳しいダムマニアならまだしも、一般の方にはなかなかその違いはわからず目的をもって行くようなところではありません。 そこでその広報的な目的で国土交通省が2007年から始めたのがダムカードというコレクションです。

ダムカードのもらい方

国土交通省管轄か独立行政法人水資源機構の管轄のダムであれば、事務所に行って問い合わせればもらえます。なんと無料です。また最近では一部の県営ダムも参加していますのでとりあえず「ダムカードはありますか」と聞いてみるといいでしょう。注意点は平日しかやっていないところもあることです。また事務所と展示室が離れているところもあり、電話で呼び出しの場所もあります。親切に対応して頂けるので気軽にお願いしてみましょう。

ダムカードの記載

このカード、丁度トレーディングカードのようなサイズと造りで表面には写真の他に目的記号とタイプ記号があり一目でダムの目的がわかります。裏面には詳しいダム情報とこだわり技術が記載されておりわからない人でも興味をそそられます。

ダムカードの表面の記号の意味

ダムカードの目的記号

記号 目的 備考
F 洪水調節 出水を調節し、洪水被害を軽減します
N 不特定利水 河川の正常な流量の維持します
W 上水道 水道用水を供給します
I 工業用水 工場の操業に必要な水を供給します
A かんがい 農業用水を供給します
P 発電 発電に使用
R レクリエレーション ダムを観光・スポーツに使うものです
S 消流雪用水 冬季、積雪を溶かす消雪溝等に必要な水です

ダムカードのタイプ記号

記号 タイプ
G 重力コンクリートダム
HG 中空重力式コンクリートダム
A アーチ式コンクリートダム
GA 重力式アーチダム
E アースダム(アースフィルダム)
R 土質遮水壁型ロックフィルダム

それぞれの説明は Wikipediaダムが詳しいです。

その他

ダムカードには公式のものの他にマニアの方々が作られたオリジナルのものも存在するそうです。勉強をしてから見学し、ダムカードを集めることでツーリングやサイクリングの楽しみが倍増すること請け合いです。

参考リンク

この記事を見た人がよく読んでいる記事

カナシスコム > 節約ラボラトリ > ダムでもらえるトレーディングカード ダムカードDAMCARDのもらい方・集め方